トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

雪でした

朝、目覚めたら。
こんな雪でした。


003


お寺の屋根も。
雪化粧。


002


街も。
雪に煙って。


007


いつも。
道を示してくれる。
タワーもこれじゃあね。


017


さぁ。
今日は。
早く家に帰ろう。

孔雀

010


孔雀。
どんな色かは。
あなた次第。

あなた好みの。
あなた好みの。
孔雀になりた~い~♪

螺旋

038


何故か。
螺旋階段が。
好きで。

見かけると。
ただ意味もなく。
無性に。

駆け下りて。
目を回して。
みたくなる(笑)。

晩酌

005


昨年亡くなった、
お義父さん愛用のぐい飲み。
四十九日が過ぎてからは。
我が家で毎晩晩酌してもらってる。

心ゆくまで。
飲んでもらったら。
そう思えたら。
下ろして頂いている。

結構。
一緒に飲んだつもりだったけど。
もっともっと。
一緒に飲みたかったね。話しかったね。
そんなこと。語りかけながら。

由来

005


東京は。
江戸の頃から。
川と橋の。
多い街だったんだな。

で、なになに。
狸橋ねぇ。
その由来は。
何だって???

続きを読む "由来" »

冬の散歩道

034


Time,
Time,
Time, see what's become of me
While I looked around for my possibilities.
I was so hard to please.
Look around,
Leaves are brown,
And the sky is a hazy shade of winter.

「A Hazy Shade Of Winter」 by Paul Simon


小さな春でも見つからないかと。
探しながら歩いてみたけれど。
まだ少し先かもしれないね。
でも。冬の散歩道も悪くはないさ。

花は夜開く

久し振りの深夜の散歩。
ほろ酔い加減の帰り道。
街灯の灯りの下で。
花が開いていた。


011


デイジー達が。
気を付けて帰ってねと。
声を掛けてくれる。
見守っていてくれる。


013


ありがとう。
おやすみ。
今度はさ。
お日様の下で会いに来るね。

知ってるかい?

001


知ってるかい?

至福ってのは琥珀色らしいぜ。
名前はジャック・ダニエルズってんだってさ(笑)。

魔法の呪文

007_2

このアルバムに。
針を落として。
そのサウンドに酔いしれながら。

ちょっとした魔法の呪文を唱えると・・・

続きを読む "魔法の呪文" »

Keef Riff Hard

002_2


頼むぜ!

いま、回ってるのは。
あなたのレコードじゃ無いけれど(笑)。

君の名はと

005_2


君の名はと。
訊ねし人は多いのだろうか。

花屋の店先。
その姿に。その色に。
惹かれて。
シャッターだけ押して。

君の名はと。
お店の人に。
訊ねなかったことを。
いま、少しだけ後悔しているんだ。

君の名はと。

黒と青の間に

黒と青の間に。
幻想と夢幻の間に。
哲学とブーケの間に。
あるもの。
あったもの。


201200224redon1


ルドンと言えば。
黒。
幻想的な世界を。
実際に見ていたかも知れない世界を。
黒を基調に。多くは黒一色で描いて。
そこに。底知れぬ、果てしなき深淵を感じる。

そこに。惹かれもしたし。
それを。恐れもしたし。
自分にとっての。ルドン。
黒。幻想。哲学。
だがそれだけでは無かった・・・

続きを読む "黒と青の間に" »

待ちわびるサンセット

013


空を染めながら。
最後のあがきをみせながら。
陽が沈もうとしている。
もうすぐ。
夜の帳が下りるんだな。

待ちわびるサンセット。


014


夕陽が待遠しくて。
何故って。
夜が大好きだったから。
でも・・・

最近は。
少し微妙かな。
明日も。明日もまた。
朝が来るのかな。
陽が昇るのを目に出来るかな・・・

そんなことを。
考えてしまう。
そんなことに。
思いがいってしまう。

まぁ。
でも。
今日のこの一日が。
無事に暮れていく。
終わっていくならいいかな・・・

待ちわびるサンセット。

ギャラリーから食卓へ

Campbel


キャンベルのスープ。
昔はさ。
ギャラリーで観るものだったよね。
ウォーホルは毎晩飲んでたらしいけど。


004

今は。
食卓に。
どこでも手に入る様になったし。
安くもなったしね。

否、本当にさ。
学生の頃なんて。
“ほんもの”なんて見かけなかったもんなぁ(苦笑)。
本当だよ。

さて。
今夜はどれにしようかな?

官能的である為には

005


官能的である為には。

別に。
見せたり。脱いだり。
する必要は(必ずしも)ない。

彼女も。
角瓶も。
ハイボールも。

艶がある。

と思わせる。
こんな表情を。
見せられたらね。

それだけで十分だよね。

聴けないレコード

010


レコードを模した円卓の。
その上のこのアルバム。

このジャケット。
最高だよね。
ブリテッィシュ・ビート好きなら。
迷わずジャケ買い。

でも。
円卓同様に。
聴けないレコードなんだな。
反りがひどくてさ。波打っちゃう(苦笑)。
まぁ。
眺めてるだけで十分幸せだから。
いいんだけどね!

お椀

値段とか。
ではなくて。
見た感じとか。
手触りとか。
しっくりくるものをと。


008


その。
出会いを。
信じて。
大切に。
使ってみる。
使い込んでいく・・・

続きを読む "お椀" »

天使になれなかったよ

007


このビル。
知ってるよね?
えっ?
だからさ。


011


このビルだよ。
しってるだろ。
ほら。
あいつらが。


004


あの。
傷だらけの。
天使たちが。
住んでたビルだよ。

そうなんだ。
本当にさ・・・

続きを読む "天使になれなかったよ" »

行ってきまーす!

003


おう。
今日もしっかり転がってこいよ。
ぶれんじゃねぇぞ!

君の瞳に恋してる

038_2


君の瞳に恋してる。
そう。
もう。
何年も。
何十年もね。

近頃。
少しだけ。
真珠の耳飾りの少女に。
心動かされてるけど・・・
でも。恋してるんだ。

春は何処まで

003_2


皆が。
街角でも。
春の訪れを。
待ちわびている。

008_2


蕾も。
徐々に。
僅かに。
膨らみかけて。

013


猫たちも。
陽だまりの中。
気持ちよさそう。
今日は少しだけ春に近づいたのか。

でもね・・・

続きを読む "春は何処まで" »

011_2


この場所に。
縁があって。

この場所と。
今でも縁があって。

その縁が。
深くなっていることに。

感謝を。

子犬達が届けてくれたもの

最近は。
オークションで。
レコードを落札することもあって。

幸いにも。
どの出品者も。
丁寧な梱包で。
送ってくれて。

005

時には。
こんな。
思わず微笑んでしまう。
可愛い袋に入れられて届くことも。

で、この可愛い子犬達が届けてくれたのは・・・

続きを読む "子犬達が届けてくれたもの" »

ただいまー!

001_2


お帰りなさいー!

今日も寒かったねぇー。

真昼の月

011


真昼の月って。
何か得した気がする・・・
ってのは吉田秋生の漫画の台詞だったかな。

確かに得した気もするけど・・・

なんだかね。
そこにある筈のないもの。
あるんだけど意識していないもの。
そんなものを目にすると。

ちょっと。
なんか。
痛いところを突かれた様で。
ドキッともするんだよね。

夜の散歩をしないかね vol.11

002


DJ HiROYASUとのDJイベント、“夜の散歩をしないかね”も11回目。
Smash'07で回すのは今年初めて。お店の人達とは遅ればせながら新年のご挨拶。

相変わらずご機嫌なDJ HiROYASUの選曲に酔いしれながら。
ジャックを飲んで。小腹を満たして。心解れながらも。ちょっと緊張。

さて、今回の自分の選曲は・・・

続きを読む "夜の散歩をしないかね vol.11" »

ラブレター?

朝起きると。
枕元にこんな本が。

005_3


これも。
ある意味ラブレター?

『京都のシェフにならう~お料理教室』って。

瓢亭の味は。
ハードル高いでしょ(笑)。

先ずは。
洋食辺りから挑戦しますかね・・・

プラキオサウルス

街角に。
プラキオサウルス出現!
見上げるうちに。
叫び声も聞こえそう。

006


そう言えば。
この一角は・・・

続きを読む "プラキオサウルス" »

ストラップ

京都の組紐屋さんのウィンドウ。
このカメラもいいけど。
組紐のストラップに惹かれて。

組紐って。
帯締めだけじゃなくて。
こんな使い方もあるんだなと。

013

続きを読む "ストラップ" »

歯科

京都の街角で。
見かけた歯医者さんの看板。

080


珍しいよね。
由緒あるのかな。
古くからやってるのかな。
街に馴染んでて。親しまれていそうで。

どんな先生が、どんな治療してるのか覗いてみたいけど。
歯医者さんは苦手だからなぁ(笑)。

どっちがおまけなの?

Richrobinson_2

『Through A Crooked Sun』

またもや活動休止中のブラック・クロウズ。
ギタリストのリッチ・ロビンソンの新しいソロ・アルバム。
アナログ盤も出てたので入手して。針を落として。
スワンプ風味もあるサザン・ロックでいいなぁと。

でもさ。おまけにフル・アルバムのフリー・ダウンロードのパス・ワードつきって・・・
前も。スティーヴ・クロッパーのアナログ盤におまけでCDがついてたけど・・・

どっちがおまけなのかわかんないね。
そうまでしないと。もうアナログ盤なんて売れないんだろうなぁ。なんか複雑だよな。

パスタ・パスタ・パスタ

バジル・ソース

20120128


ミート・ソース

20120131


バター・パルミジャーノ

20120202


そろそろ。
カルボナーラへの挑戦を。
決意しなきゃだな。

誘われて

この看板に。
誘われて。

123


続きを読む "誘われて" »

治外法権

京都の夜は。
この扉を開けなくちゃ。
始まらない。

その笑顔に。
会わなくちゃ。
終われない。

120


続きを読む "治外法権" »

極楽極楽

歩き疲れて。
辿り着いたら。
極上の料理と。
最上級のおもてなし。

夜に訪れるのは。
久し振りだったけど。
迎えられて。
席に通されただけで。

極楽極楽。

099

続きを読む "極楽極楽" »

タイム・スリップ

まるで。
昭和に。
タイム・スリップした様な。
このお店。
店内もね。

094


続きを読む "タイム・スリップ" »

未だ至らず

この心境には。
未だ至らず。
いつになったら。
いつになってもだろうな(笑)。

066

龍を追いかけて・・・巻二

柿がなってました。
石庭だけでなく。
この池と庭も好きなんだよなぁ。

046

続きを読む "龍を追いかけて・・・巻二" »

道すがら

嵐電。
好きなんですよね。
昔から。
可愛いもんね。
懐かしいし。

073


次のお寺へ向かう。
その道すがら。
紅、紅、紅、紅・・・

043

続きを読む "道すがら" »

龍を追いかけて・・・巻一

辰年だからね。

龍を追いかけようと。
先ずは嵐山のこのお寺。
特別拝観の加山又造の龍の画も見事でしたが(撮影は禁止ね)。

相変わらず。
この庭の見事さよ。

038


続きを読む "龍を追いかけて・・・巻一" »

相棒

今回は。
我々にしては。
結構歩くつもりで。

だから。
頼んだぜ。
相棒。

018


鶉粥

京都での朝食は。
ここの朝粥がいい。
今回は季節限定の鶉粥を。

0271


続きを読む "鶉粥" »

すき焼き

すき焼きと言えば。
もう二十年近く。
この店でしか食べてないかも。

017_5

続きを読む "すき焼き" »

トップページ | 2012年3月 »