« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

夏なんだな

001


あぁ。
そうか。
夏なんだな。

路地裏の動物園

帰り道。
動物園に。
寄ってみた。

005


ペンギンもいれば。


008


河童もいたんだな。
河豚もいるなぁ。


本物の動物園は。
ちょっと切ないもんな。
こんな動物園なら。
またふらりと立ち寄ってもいいか。

その時は。
酔っぱらった鯨に会えそうだな(笑)。

Balla Balla

001


薔薇


002


薔薇


003_2


薔薇


006


薔薇


バラバラ バラバラ
バラバラ バラバラ
バラバラ バラバラ
バラバラ バラバラ
あぁーーー ほら、バラバラ♪

一人目の少女

上野の森へ。
一人目の少女に。
会いに行ってきました。


003


国立西洋美術館で開催中の。
『ベルリン国立美術館展』へと。
左のマルティン・ルターの肖像は教科書でお馴染みですね。
そして。右が今夜の逢瀬の相手・・・


004


「真珠の首飾りの少女」
フェルメールの日本初公開となる作品。
今回もやっぱりフェルメール。
好みにもよるのでしょうが。
その一枚で。他の画家達の陰を薄くしてしまう。
あのレンブラントでさえもね。それこそフェルメールの光の魔術かな、なんて。
とにかく。窓から差し込む光の表現。
その光が描き出す陰影の表情。
そこに生まれる静かで確かな息遣い。
思わず見惚れて。そのまま吸い込まれてしまいます。

この少女の微妙な表情もね。
思わず語りかけてしまいそうになるなぁ。
ところで。
いつもいつも。図録とポスト・カードでは能がないので・・・


025


そうです。
バームクーヘンです。
ユーハイムのね。
偶には。こんなのもいいでしょ。
バームクーヘン好きだしね!


さてと。
二人目の少女との逢瀬が。
今から待ち遠しいなぁ・・・

Under The Sun Under The Moon

020


Under The Sun...
Under The Moon...
Under The...

見てくれている。
だから。
歩いていける。

百億の昼と千億の夜

百億の昼。
千億の夜。
そんなに。
そこまでは。
待たなかったけど。


010


我家に。
来てもらうまで。
結構時がかかったんだよね。
この阿修羅像。


011


もう。
三年前になるのかな。
上野の森まで。
阿修羅像に会いに出かけて。


012


その後。
興福寺までも。
追っかけて。
会いに行って。

でも。
この。
海洋堂製作の。
阿修羅像は売切れててさ。


014


八方手を尽くして。
この度やっと、
我家に。
お迎えしましたとさ。

なんせ。
光瀬龍の。
否、萩尾望都のかな。
『百億の昼と千億の夜』以来の。
阿修羅ファンだからねぇ。
嬉しいんだよなぁ!

I would like to sit down

002_3


おや。
いい椅子に座ってるねぇ。
可愛いじゃん。

座ってみたいなぁ。
ねぇ。
かわってくれない?

夜の散歩をしないかね vol.13

002


DJ HiROYASUとのDJイベント、“夜の散歩をしないかね”の13回目。

今回はネットで知り合った方が聴きに来てくれたりして。
聴きに来てくれる方が増えるのは嬉しいものです。
ただ。楽しんでもらえるかどうか。選曲に問題はないか。
いつもより。少し緊張して出番を待ってたりして(笑)。


003


いつもの様に。
HiROの「次でラストだから」の声で。
準備を始めて。

さて、今回の自分の選曲は・・・

続きを読む "夜の散歩をしないかね vol.13" »

Rocks Off !

ストーンズ・バーなるものが。
期間限定で開店するってんで。
ちょっと足を延ばして初日に行ってみました・・・


006


地下鉄降りて。
エスカレータで地上へと。
早くもこんなお出迎え。


003


ヒルズがベロに占拠されてる。
何と言うか、まぁ・・・痛快だね(笑)。


028


道標も。
ベロだからね。
どっちだ?あっちかな?


010


おぉ。
巨大なベロが!
気合入ってるね!テンション上がるね!


009


しかし。
この会場は。
イベントで。
関係者と招待客しか入れず。


008


我々はこちらの。
ストーンズ・バーで。
ボトル買って。立ち飲みね。


027


こんな格好の。
ストーンズ・バー・ガールズなる(笑)。
女の娘たちがバッチをくれたりするんだな。


012


先ずは。
シトラスハイボールとやらで。
乾杯。
バッチと、団扇ももらったよ。


020


ローリングホップと。
ローリングゴールドも。
味見しないとね。
せっかくだからねぇ(笑)。


042


空き瓶も。
当然持ち帰ってきました。
環境美化の一環です(笑)。

しょうがないじゃない。
ストーンズは大好きで、特別なんだからさ!


ところで。
味はどうなんだって?
そいつは。
どうぞ。ご自身でお試しあれ!

歩きはしないけど

相方の。
実家で育てていた。
百合が咲いたと言うので。
頂戴いたしました。


008


009


お昼頃までは。
こんな感じで。
左側の花も。
だんだんと開き始めて・・・


001


夕方には。
ここまで。
開いてきて。
夜の訪れとともに・・・


003


012


見事な花が咲きました。
立てば芍薬。
座れば牡丹。
歩く姿は百合の花。

歩きはしないけど。
暫くは。
芳しい香りと共に。
日々を過ごせそうです。

またお会いしましたね

005


移動の合間に。
行ってきました文化村。
UKロックにみるアートシーンとやら。


003_2


狭いスペースで。
展示品数も限られてて。
10分もあれば足りるかな。
でもジャケットやポスター等の。
原画やリトグラフ。
実物大でみると圧倒されるものもありました。
そして・・・


001


またお会いしましたね。
あんなところにもいれば。
こんなところにもいるんですね。
流石は世界を股にかける(?)ミック社長なのでした(笑)。

Hydrangeas In The Rain...

雨の一日。
都会の街角の。
そこかしこで。
この花が迎えてくれました。


019


018


やっぱり。
天の水が無くなりそうな。
この季節、水無月には。
紫陽花が似合います。


008


009


Hydrangeasって英名には。
水の容器って意味があるそうで。
どうりで。雨を。水を、
花一杯に受け止めてるんだなと。


015


016


そぼ降る雨の中。
ランチを兼ねた。
小一時間の散歩。
おかげさまで心安らぎましたとさ。


005


006

アンガス!

今回の相棒は。
こいつね!


017


でさ。
こんなのも用意して。


023


参加してきました。
伊勢佐木町TURN TABLEでの。
AC/DCナイト。“横浜ノイズポリューション”


008


まさか。
アンガス・ヤングと。
ブライアン・ジョンソンも。
来店してるとは(笑)。


013


まさか。
マスター自らDJしてるとは。
お店に行くのは大抵回す時なので。
なんか人が回してるのを見るのは不思議な感じでした(笑)。


014


凄まじい。
盛り上りと熱気に。
少々あてられましたが(笑)。
楽しかった。また参加したいものです!

そうそう。
このアルバムの「Whole Lotta Rosie」で。
アンガス!って叫ぶのが。
やっぱり。
最高に気持ち良かったな!!

大流血

我家には。
何故か(?)
このアルバムが。
何枚かある。


028


言わずと知れた。
ローリング・ストーンズの『Let It Bleed』...
大流血だな、これじゃ(笑)。
英国オリジナル盤(モノラル)。
米国オリジナル盤。
キング・レコード時代の日本盤。
ロンドン・レコード時代の日本盤(カラー・レコード)。
一応CDでもね。

最近は。
殆ど英国オリジナル盤でしか聴いてなかったんだけど。
偶にはこれにも針を落としてみるか。
思いでもあるしな・・・

絶滅危惧種

実は。
我家にも。
絶滅危惧種がいたりする。


001


御存じ(?)
VHSのデッキと。
LDプレーヤー。
LDですよLD。
知ってます?憶えてます?
レーザー・ディスクです。


006


ほらね。
こんなLPと同じ大きさの。
光学ディスクがあったでしょ。
思いだしました?
我家では現役なんです(笑)。
そして・・・


028


ディスクも。
ほら。
未だ結構あるんですよ。
ストーンズ関係もね。
未DVD化のも多いしね。
なかなか侮れないんです。


Quireboysld


クワイアボーイズの'92年のロンドンでのライヴ。
こんなのDVDにならんだろうしねぇ。
フェイセスを更にB級にしていなたくした感じで。
結構好きだったんだよね。来日公演も観に行ったし。

プレイヤーが壊れたら。
観れなくなっちゃうからね。
今のうちに徐々にブルーレイに“保護”しようと思ってます・・・

緑のカーテンは

緑のカーテンは。
涼しいらしいけど。


002


これは。
どうなんだろうね?


009


これもねぇ。
どうなんだろう?

見た目には・・・
涼しくない・・・
ある意味では涼しいか・・・
でも、ちょっと住んでみたいかな(笑)。

手におえないぜ!

まったく。
ロックンロールなんてものに。
魅せられちまうと。
手におえないぜ!


047


てなわけで。
一ヶ月ぶりの。
TERRY BANDを観に。
横浜へ。
音小屋は移転してから行けて無かったし。


046


オリジナルも。
カヴァーも。
まごうことなきロックンロール。
本当に。いい音出すなぁ、聴かせるなぁ。
手におえないぜ!


038


「Hard To Handle」のカヴァーは。
初めて聴いたかな。
まったくTERYの訳詞のセンスはご機嫌だね。
元歌(ってもこっちもカヴァーだけど)聴きたくなって。
このアルバム、久し振りに針を落としちまったぜ。
手におえないぜ!

そして・・・
なにより。
カッコいい野郎ども。
可愛い娘たち。
手におえない奴等に。
会えるのが、再会できるのが。
一番の魅力だよな。
手におえないぜ(笑)。

水無月になりました

水無月に。
6月に。
なりました。
梅雨は好きじゃないけれど。


006


紫陽花がね。
鮮やかに。
本当に鮮やかに。
咲いているのを目にできるのは。
いいかな。


008


紫陽花の花が。
青色になるか。
赤色になるか。
土の性質によって決まるんだったかな。
自分の中では青色のイメージなんですけどね。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »