« 新しい止まり木 | トップページ | そうだ、京都が呼んでいる・・・城南宮 »

つげぐし

世の中の心のもつれ
とけよとぞ
御さばきたまえ
神のつげぐし

紀貫之


005


てなことで。
京都の二十三やさんで。
手に入れた
つげぐしです。

002_2


梳櫛は古来、唐櫛と呼ばれていて。
10+9+4=23で、二十三やになったとか。
創業は文政5年、1822年だそうで。
それ以来、材質に拘り、技術を守り続けてと。


006


初めて使う前には。
椿油を塗って。
二週間寝かせて、浸み込ませて。
さぁ、これから愛用させて頂きます。


使い込むほどの。
髪と櫛の艶がですね。
今からね。
楽しみだったりしています。

« 新しい止まり木 | トップページ | そうだ、京都が呼んでいる・・・城南宮 »

日常の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つげぐし:

« 新しい止まり木 | トップページ | そうだ、京都が呼んでいる・・・城南宮 »