« 2006/10/16 Mon *目の覚める一撃を / J. Geils Band | トップページ | 2006/10/18 Wed *これが私の生きる道 / Steppen Wolf »

2006/10/17 Tue *そこだけが総てでは/ Lynyrd Skynyrd

20061017freebird


よくは解らないけど。
どうにもこうにも。
学校ってのは。
酷いことになってるらしい。
まぁ、昔から。
教師なんてのは。
信用できない奴が多かったし。
同級生なんてのの中にも。
最低な奴等はいたけれど。
それにしてもな。
何だか虚しくなってくるな。哀しくなってくるな。

『Lynyrd Skynyrd』'73年リリース。
豪放磊落でいてどうしようもなく溢れてくる情感が魅力的なレーナード・スキナードの1stアルバム。
米国南部出身らしい大らかな豪快なサウンドと、フリー辺りの影響を感じさせるキャッチャーなメロディー。
この相反するかにも思われる要素が見事に溶け合っているところが他には類を見ない強みです。
あのデュアン・オールマンに捧げたとも言われる「Free Bird」がアルバムを締め括っています。
いつ聴いても鳥肌が立つトリプル・ギターと、涙腺を刺激する歌詞とメロディー。永遠の名曲です。
ロニー・ヴァン・ザントを始めとして。不意に旅立ってしまったメンバーへの鎮魂歌ともなったこの曲。
一方でいつも、今も。不当な抑圧と戦い続ける、真の自由を希求する人々への応援歌にも聴こえるのです。

余談ですがレーナード・スキナードなる奇妙なバンド名の由来は。
ロニー達が通っていた高校にいた、長髪嫌いで保守的で。
ロニー達を目の敵にしていた教師の名前、レオナルド・スキナーをもじったものです。
後に確執は水に流したのか。故郷でのライブにスキナーを招待してステージに上げてファンに紹介したとか。

そりゃ解らないさ。
どれだけ苦しいのか。
どれほど辛いのか。
俺は本人じゃないからな。
多分昔より。
教師なんてのも。
酷いんだろうな。
同級生なんてのも。
最低なんだろうな。
それにしてもな。
何だか嫌になってくるな。悔しくなってくるな。

誰も気にもとめないだろうけど。
とりあえず言っておこう。
今いる場所だけが。
今過ごしている時だけが。
そこだけが総てではないんだけどな。

どんなに傷つこうが。
どんなに惨めな思いをしようが。
膝を折ってでも。
地面を這い蹲ってでも。
生き抜かなきゃ駄目なんだよ。
生き残っていくしかないんだよ。
泣いて。喚いて。唇を噛み締めて。
うちひしがれてもいいんだ。
うちのめされてもいいんだ。
負けてもいい。逃げてもいい。
とにかく生きていてくれないかな。

そこだけが総てではないんだけどな。
ちょっといいことがある場所が。
少しでも笑える時間が。
きっと誰にもあるんだよ。
いつか出会えるその日まで。
いつも。今も。もう少しだけさ。
戦ってみないかな。
求めてみないかな。
未だ諦めるには早くないかな。

大きなお世話だったらご免。
でも俺は。
諦めが悪くてよかったと思ってるからさ。

本当に。
そこだけが総てではないんだけどな。

|

« 2006/10/16 Mon *目の覚める一撃を / J. Geils Band | トップページ | 2006/10/18 Wed *これが私の生きる道 / Steppen Wolf »

002 American Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/12325473

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/10/17 Tue *そこだけが総てでは/ Lynyrd Skynyrd:

« 2006/10/16 Mon *目の覚める一撃を / J. Geils Band | トップページ | 2006/10/18 Wed *これが私の生きる道 / Steppen Wolf »