« 2006/11/07 Tue *たかだか / Savoy Brown | トップページ | 2006/11/09 Thu *遠きにありて / 山内テツ »

2006/11/08 Wed *らしく / The Spencer Davis Group

20061108bestofspg


男らしくとか。
女らしくとか。
らしくってなんなんだろうと。
俺は男だ!みたいなのは。
どうにも苦手で。
こうあるべきだとか。
こうすべきだとか。
もっともらしく語って。
自分が如何にらしいかとか。
どうだ自分を見てくれみたいな。
そんな声高でさも自信あり気な。
そんな人を見るとね。
ついつい茶化したくなる。

『The Best Of The Spencer Davis Group』'67年リリース。
ウィンウッド兄弟の脱退を受けてリリースされたスペンサー・ディヴィス・グループの編集盤。
主役は勿論、スペンサー・ディヴィス・・・ではなくてスティーヴ・ウィンウッドです。
そのしなやかで艶やかで黒い歌声だけでもその魅力に身震いするほどですが。
そのうえ実にカッコ良いナンバーを書いて、実にグルーヴィーなオルガンを弾いてと。
もてる才能の総てを発揮して正に八面六臂の大活躍です。それでいて決して力んでいない感じが。
歌声もオルガンも迫力に満ちて力感もあるのですが、巧い具合に肩の力が抜けている自然な感じが。
そのさり気なさがいいなと。そこに他の誰でもないスティーヴならではの“らしさ”があると思うのです。
「Gimme Some Lovin'」も勿論カッコ良いのですが、「I'm A Man」なんてもう痺れてしまいます。
確かデイヴ・メイソンとかも参加していて、もはやトラフィックのナンバーと言ってもいいのかも知れませんが。

男らしくとか。
女らしくとか。
らしくなんかなくてもいいかなと。
俺は男だ!みたいな基準は。
それぞれの中にあればよくて。
こうあるべきだとか。
こうすべきだとか。
他の人にまで押し付けるものではなく。
他の人にことさら誇るものでもないのに。
自分の思うらしさが総てだと。
総てを自分の基準で決められると。
そんな人を見るとね。
ついつい茶化したくなる。

ただ。
さり気なく。
自分らしくはありたいなと。
自分の目指す姿を。
自分なりのやり方で表せる。
そんならしさは
自分の中に持っていたいなと。

自分らしくが。
一番難しいんだけどね。

|

« 2006/11/07 Tue *たかだか / Savoy Brown | トップページ | 2006/11/09 Thu *遠きにありて / 山内テツ »

001 British Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/12612827

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/11/08 Wed *らしく / The Spencer Davis Group:

« 2006/11/07 Tue *たかだか / Savoy Brown | トップページ | 2006/11/09 Thu *遠きにありて / 山内テツ »