« 2006/12/03 Sun *横顔の肖像 / Creedence Clearwater Revival | トップページ | 2006/12/07 Thu *転がり続けてみましょうか / The Rolling Stones »

2006/12/04 Mon *恋せよ/ The Carpenters

20061204akindofhush


いのち短し。
恋せよ。
乙女。
そして男(おのこ)。
いのち短しの短しが。
どの程度かは知りませんが。
恋をしたら。
恋におちたら。
見つめあう様な。
息の止まる様な。
そんな時間は。
永遠の様でもあり。
一瞬の様でもあり。
短いと言えば短いかな。
恋せよ。

『A Kind Of Hush』'76年リリース。
変わらぬカレンの歌声の美しさに心までも温まるカペンターズの7枚目のオリジナル・アルバム。
曇ったガラスに指でタイトルを記した。そんなジャケットが今の季節にぴったりな感じがします。
カヴァー曲のセンスの良さ、そしてリチャードが関わったオリジナル曲の素晴しさ。
そのバランスが見事にとれていることと、どちらも見事に歌いこなすカレンの歌唱力が魅力のカーペンターズ。
このアルバムでもカヴァーの「There's A Kind Of Hush」(邦題は「見つめあう恋」)も。
オリジナルの「I Need To Be In Love」(邦題は「青春の輝き」)も素晴しく、その魅力を改めて認識します。
恋することの喜び、ときめき、切なさ、もどかしさ。そんな誰もが思い当たるであろう心の動き。
そららを見事に歌に込め、伝えてくれるカレン。本当に素敵なシンガーだったとしみじみ思うのです。

いのち短し。
恋せよ。
乙女。
そして男(おのこ)。
いのち短しの短しが。
どの程度かは知りませんが。
初めて恋をしてから。
もう数十年恋におちたままで。
見つめあう様な。
息の止まる様な。
そんな時間を。
今、貴女と過ごしている。
永遠の様でもあり。
一瞬の様でもあり。
短いと言えば短いかもしれないから。
恋せよ。

貴女が生まれた記念日を。
一緒に過ごしながら。
その幸せに包まれながら。
これからもずっと。
この想いは変わることはないと。
また改めて恋をし、恋におちるのです。

|

« 2006/12/03 Sun *横顔の肖像 / Creedence Clearwater Revival | トップページ | 2006/12/07 Thu *転がり続けてみましょうか / The Rolling Stones »

002 American Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/12938794

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/12/04 Mon *恋せよ/ The Carpenters:

« 2006/12/03 Sun *横顔の肖像 / Creedence Clearwater Revival | トップページ | 2006/12/07 Thu *転がり続けてみましょうか / The Rolling Stones »