« 2007/02/01 Thu *春が来た / Babe Ruth | トップページ | 2007/02/03 Sat *いい塩梅 / Dr, Feelgood »

2007/02/02 Fri *未知との遭遇 / Ufo

20070202phenomenon


知っている。
解っている。
こう思ってるだろう。
こう考えてるだろう。
こう動くだろう。
ところがどっこい。
そうばかりとは限らない。
予想外。想定外。
どんなに傍にいたとしても。
知らないことは。
解らないことは。
あるものなのです。

『Phenomenon』'74年リリース。
スコーピオンズから強奪(?)したマイケル・シェンカーを加えた新生UFOの第一弾となったアルバム。
以前のどこか混沌としていて、そしてどこか野暮ったかった(それが持味だったのですけど)姿は微塵も無く。
哀感すら漂うフレーズと、独特の刻むリフをとにかく弾き捲るシェンカーのギターを中心として。
冷たく乾いた質感のある世界に。叙情感が滲む様に溢れ出していく。そんな劇的なサウンドが展開されていて。
急きたてられるかの思いと、堰き立てられぬ想いとが綯交ぜになる。そんなUFOの魅力が生み出されています。
それにしても泣くが如くのギターを聴く度に。英語が堪能では無かったシェンカーの孤独な姿が目に浮かびます。
未知の世界と遭遇せざるを得なかったシェンカーだからこそ弾き出せた、UFOの未知の世界だったのかなとも。

ありえない。
存在しない。
理屈が通らない。
理論的に間違っている。
計算上不可能である。
ところがどっこい。
そうばかりとは限らない。
予想外。想定外。
どんなに論を重ねても。
知りえないことは。
解らなくてもいいことは。
あるものなのです。

隣いる誰かの中にも。
この世界のどこかにも。
未知なるものが。
あるほうが。
面白いとは思いませんか。

どんなに否定されても。
どこかに未確認飛行物体や。
どこかに未確認生物や。
失われた世界はあってほしいなと。
隣にいる誰かの頭の中に思いを巡らせながら。
そんな思いに囚われていたりするのです。

|

« 2007/02/01 Thu *春が来た / Babe Ruth | トップページ | 2007/02/03 Sat *いい塩梅 / Dr, Feelgood »

001 British Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/13782995

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/02/02 Fri *未知との遭遇 / Ufo:

« 2007/02/01 Thu *春が来た / Babe Ruth | トップページ | 2007/02/03 Sat *いい塩梅 / Dr, Feelgood »