« 2007/02/15 Thu *それだけは / Humble Pie | トップページ | 2007/02/17 Sat *ひとり / John Mayall »

2007/02/16 Fri *これ / Frankie Miller Band

20070216therock


これ。

いろいろあるけど。
やっぱりこれ。
あれこれ悩んでも。
けっきょくこれ。
ごちゃごちゃ言わんと。
黙ってこれ。
そう解ってたんだ。
俺にはこれ。

『The Rock』'75年リリース。
最高のブリティッシュ(スコティッシュ)・ホワイトR&Bシンガーの1人、フランキー・ミラー。
ヘンリー・マカラック等の燻銀のメンバーを集めて結成されたフランキー・ミラー・バンドを従えての3rdアルバム。
当初は合流予定だった(?)あのアンディ・フレイザーとの共作ナンバーも1曲収録されています。
とにもかくにも。力強く、そして情感豊な熱きミラーの歌声がこのアルバムでも最大の魅力です。
力強いのですが、決して力任せでも無く、暑苦しくも無く。どこかとても静かで穏かなうねりを感じさせるミラー。
その歌声を地味ながらも腕は確かなマカラック等が奏でる小気味良くも、腰の据わったサウンドが支えています。
どうもレコード会社辺りはロッド・スチュワートの様に仕立てて、もっと売れる様にと色々画策した節もあって。
やがてそのスタイルやサウンドがどんどん洗練され、ポップになっていくミラーだったりするのですが。
(ポップなサウンドをバックにしても勿論ミラーの歌声は聴かせてはくれるのですけどね)
このアルバムや、次作たる『Full House』でのミラーが一番ソウルフルで生き生きしていた様に感じられて。
そう考えると。ミラーにとってはやはりこれが、正統的なブリテッィシュ・ロックが一番だったのだと思うのです。

これ。

いろいろあるけど。
やっぱりこれ。
あれこれ悩んでも。
けっきょくこれ。
ごちゃごちゃ言わんと。
黙ってこれ。
そう解ってたんだ。
俺にはこれ。

これしかないんだ。
飲むのも(ジャックの)ロック。
聴くのも(一番は)ロック。
これだけは揺るがないんだ(笑)。

他は結構あっちへこっちへ。
揺れてたりするんだけどね(苦笑)。

|

« 2007/02/15 Thu *それだけは / Humble Pie | トップページ | 2007/02/17 Sat *ひとり / John Mayall »

001 British Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

↑これを知ってる、持ってるTacさん!YEAH!
僕は『これ』をUP'nでもちろんHIDEさんから教えてもらいました。久々聴きたくなりました!

他は結構…実は今日、アカデミー賞観て…びよんせいいやんけ!なんてっ 歌いきってた!
しかし我が尊敬、憧れのEastwoodは揺るがないっ!

投稿: rarry | 2007-02-28 02:06

流石、rarry知ってるねぇ(笑)。
で、HIDEさんも押さえてますねぇ。
このアルバムと次の『Full House』が
やっぱり一番、グッとくるアルバムかな。
同じ頃のBBCでのライブがまたいいんです。

ビヨンセの出てる映画、面白いらしいですよ。

投稿: TAC | 2007-03-02 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/13943434

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/02/16 Fri *これ / Frankie Miller Band:

« 2007/02/15 Thu *それだけは / Humble Pie | トップページ | 2007/02/17 Sat *ひとり / John Mayall »