« 2007/02/17 Sat *ひとり / John Mayall | トップページ | 2007/02/21 Wed *明日は / Chicken Shack »

2007/02/18 Sun *渡っていこう / Free

20070218free


雨も上がった。
日も暮れた。
誰かも帰ってきた。
さぁ、向こう側へと。
さぁ、あちら側へと。
今日から明日へと。
新しい日々へと。
渡っていこう。

『Free』'69年リリース。
前作から半年余りのインターバルでリリースされたフリーの2ndアルバム。
デヴュー前から精力的にライブを行って知名度を高めていたフリー。1stアルバムの評判も上々で。
このアルバムに関する期待も高まって。制作にはかなりのプレッシャーもあった模様です。
所属するアイランド・レコードの社長、クリス・ブラックウェルが自ら制作に当たるほどの意気込みもあって。
それに応えるかの如く、収録されているのが総てオリジナル・ナンバーになっていたりします。
1曲を除いてはポール・ロジャースとアンディ・フレイザーの共作となっていて幅広く、多彩なものとなっています。
勿論、根底にはブルースがあって。特にポール・コゾフのギターにはその感が強いのですが。
バンド全体はよりタイトに、ハードに。そしてキャッチャーにと。いよいよフリー・サウンドが萌芽しています。
最早この時点でブルース・ロックの範疇を飛び越えて。新たな世界へと踏み出した、渡ったフリーなのです。

星も見えた。
夜も更けた。
誰かとも笑った。
さぁ、向こう側へと。
さぁ、あちら側へと。
今日から明日へと。
新しい世界へと。
渡っていこう。

さぁ、明日。
陽が昇って。
朝が来たら。
目を覚まして。
青空を見上げたら。
軽い足どりで。
大きなストライドで。
渡っていこう。

|

« 2007/02/17 Sat *ひとり / John Mayall | トップページ | 2007/02/21 Wed *明日は / Chicken Shack »

001 British Rock」カテゴリの記事

011 Free」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/13969595

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/02/18 Sun *渡っていこう / Free:

« 2007/02/17 Sat *ひとり / John Mayall | トップページ | 2007/02/21 Wed *明日は / Chicken Shack »