« 2007/02/24 Sat *おもちゃ箱 / Aerosmith | トップページ | 2007/02/27 Tue *出会えたことの幸せを / Bobby Whitlock »

2007/02/25 Sun *何も、何処へも / J.J. Cale

20070225naturally


何もしない。
何処へも行かない。
そんなことが苦手だった。
取り残されそうで。
遅れをとりそうで。
何かしなきゃと。
何処かへ行かなきゃと。
でも実のところ。
したいことや。
行きたいところ。
そんなものが唯の一つも。
思い浮かびもしない。
そんな日だってあったんだ。

『Naturally』'71年リリース。
オクラホマの静かなる男、J.J.ケイルの1stアルバム。
レオン・ラッセル等と共に一度はロスに出て活動を始めるも都会の水が合わなかったのか。
直ぐにオクラホマに戻ってしまったケイル。家族と共に静かな生活を送っていたとか。
で、エリック・クラプトンがケイルの「After Midnight」をカヴァーしたことで俄然注目を集めてしまって。
このアルバムが制作されて。シングル・ヒットなんかも出たりしたりと。
ところがそんな突然の成功にも自分のペースを崩すことは無く。依然としてオクラホマに拠点を置いて。
自ら半分隠居してるんだと嘯きつつ。思い出したかの様にアルバムを発表したりしつつ現在に至ると。
とにかく。淡々とたうたゆ様に。流れ出し漂っていくだけ。ただそれだけであることの素晴しさがここにあります。
前述の「After Midnight」も、レーナード・スキナードがカヴァーした「Call Me The Breeze」も。
その他の曲も。本当に。ただただ奏でられ、唄われているだけなのですが。その普通さが堪らなくて。
何もしない、何処へも行かない。変わらなくていいのだと。急きたてられるものからは離れていてもいいのだと。
実はそれがあたり前で。でもそのあたり前が難しいのですが。ある意味では罪作りなアルバムかもしれません。

何もしない。
何処へも行かない。
苦手だったはずなんだけど。
取り残されそうだった。
遅れをとりそうだった。
でも何からと。
でも何処からと。
そう実のところ。
したいことや。
行きたいところ。
そんなものはここに。
何も変わりはしない。
何かに追われるわけでもない。
いつもの日々の中にもあったんだ。
いつもの風景の中にもあったんだ。

だから。
今日も。今夜も。
いつもの日々を。
いつもの風景と。
それが何だかいい感じだったりする。

続くといいんだけどね(苦笑)。

|

« 2007/02/24 Sat *おもちゃ箱 / Aerosmith | トップページ | 2007/02/27 Tue *出会えたことの幸せを / Bobby Whitlock »

002 American Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14056261

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/02/25 Sun *何も、何処へも / J.J. Cale:

» J.J. Cale Joins Clapton On Stage / クラプトン、 夢の共演を実現! [英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]]
ipay One Center, San Diego, CA 15 March 2007 There is Eric Clapton during U.S. tour now in State of California. He had a splendid thing on March 15 in the tour the other day. Clapton joined J.J.Cale on stage in San Diego concert. Cale is the author of... [続きを読む]

受信: 2007-03-22 11:58

« 2007/02/24 Sat *おもちゃ箱 / Aerosmith | トップページ | 2007/02/27 Tue *出会えたことの幸せを / Bobby Whitlock »