« 2007/02/27 Tue *出会えたことの幸せを / Bobby Whitlock | トップページ | 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan »

2007/02/28 Wed *ホーボーへ / Don Nix

20070228hobosheroes


ポカポカと。
陽気に誘われて。
途中下車をしたくなる。
寄り道をしたくなる。
目的も目標も無く。
当所無く。
ただただ。ふらふら。
ホーボーへ。

『Hobos,Heroes And Street Corner Clowns』'74年リリース。
スティーブ・クロッパーやドナルド・ダンと同級生だったと言うメンフィス生まれのドン・ニックス。
あのマーキーズのメンバーとしてキャリアをスタートさせて。デラニー&ボニーのプロデューサーもやって。
フレディ・キングやジェフ・ベックに作品を提供して。レオン・ラッセルの下でソロ・デヴューを果して等々。
放浪し、流離い続けたドンが古巣スタックスに戻って制作した3rdアルバムです。
ソウル、ゴスペル、ブルースに根差しつつ。やや甘くもある少し儚げでとても優しい歌声が心に沁みます。
何だか何処かの街角を。それも裏通りの陽だまりの中をを流離いつつ口ずさんでいる様な。
そんな身軽さ、気侭さが感じられて。こちらも鼻歌混じりで。何だか釣られて。足どり軽く流離いたくなったりして。
「Black Cat Moan」「Sweet Sweet Surrender」の自演ヴァージョンもとても軽やかだったりして。
ドン自身がプロデュースしたベック・ボガート&アピスのヴァージョンとはまた別の魅力を感じさせてくれています。

ムクムクと。
気配に誘われて。
途中下車をしたくなる。
寄り道をしたくなる。
目的も目標も無く。
当所無く。
ただただ。ふらふら。
ホーボーへ。

表通りから外れて裏通りへ。
あの角からこの角へ。
あっちの陽だまりからこっちの陽だまりへ。
身軽く。気侭に。流離って。
ホーボーへ。
そう。
ホーボーへ。

途中下車の。
寄り道の。
時が、季節がやってきた。
ホーボーへ。

|

« 2007/02/27 Tue *出会えたことの幸せを / Bobby Whitlock | トップページ | 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan »

002 American Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14098261

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/02/28 Wed *ホーボーへ / Don Nix:

« 2007/02/27 Tue *出会えたことの幸せを / Bobby Whitlock | トップページ | 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan »