« 2007/02/28 Wed *ホーボーへ / Don Nix | トップページ | 2007/03/02 Fri *待っている / Nicky Hopkins »

2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan

20070301troublemaker_1


水面に。
小石を投げ入れる。
波紋が広がる。
足下に。
さざ波が寄せてくる。
澱んでいた世界が。
よそ者を受入れて。
うろたえながら。
ざわめきながら。
新しい表情を見せる。

『Troublemaker』'79年リリース。
スモール・フェイセズ、そしてフェイセズのメンバーだったイアン・マクレガン。
ロン・ウッドとの繋がりからか、ローリング・ストーンズの『Some Girls』やツアーにも参加していたマック。
その流れでロンとキース・リチャーズの双頭バンド、かのニュー・バーバリアンズにも名を連ねていて。
そのニュー・バーバリアンズの面々も全面参加したマックにとって初のソロ・アルバムです。
ロンとキースが弾いていて。ボビー・キーズも吹いていて。そこにマックの弾む、転がる指先が絡む訳ですから。
実に何とも御機嫌なR&Rアルバムになっています。演ってる面々の楽しそうな姿が目に浮かんできます。
全体的に跳ね回る躍動感に溢れていて。流石はミーターズのドラマーだったジガブー・モデリステだなと。
そして。その上で更に飛び跳ねて。波紋を起こして。バンドのサウンドから新しい表情を引き出してしまう。
そんなマックのスモール・フェイセズの頃から変わらない、楽しく熱い演奏に本当に嬉しくなってしまうのです。
今のストーンズに必要なのはチャック・レヴェールじゃなくて、マックだろう・・・なんてね(笑)。

ふいに。
投げ入れられた小石が。
作り出した波紋に。
足下に寄せてくるさざ波に。
たかだかそれ如きに。
澱んでいた世界の住人達は。
よそ者を受入れられずに。
うろたえることしかできずに。
ざわめきを発するだけで。
凝り固まった表情を見せるだけ。

小石を投げてやろう。
波紋を起こしてやろう。
さざ波をたててやろう。
新しい表情を見せられるか。
よそ者を受入れられるか。
凝り固まったままなのか。
よそ者を拒絶するしかできないのか。
しっかりと見ててやろう。

偶には。
波紋のもとになってみるのも悪くない。
見えなかったものも見えてくるからね。

|

« 2007/02/28 Wed *ホーボーへ / Don Nix | トップページ | 2007/03/02 Fri *待っている / Nicky Hopkins »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14109623

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan:

« 2007/02/28 Wed *ホーボーへ / Don Nix | トップページ | 2007/03/02 Fri *待っている / Nicky Hopkins »