« 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan | トップページ | 2007/03/03 Sat *そこ / The Kinks »

2007/03/02 Fri *待っている / Nicky Hopkins

20070302tinmanwasadreamer


待っている。
夜が明けるのを。
明日になるのを。
待っている。
夜が訪れるのを。
明日の夜になるのを。
あの店で。
いかしたやつらに会えるのを。
御機嫌なバンドがやってくるのを。
待っている。
とびっきりの一夜を過ごすのを。
待っているんだ。

『The Tin Man Was A Dreamer』'73年リリース。
'60年代からストーンズを始めとして多くのセッションでその華麗なるプレイで大いなる貢献を果たし。
ジェフ・ベック・グループやクイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスのメンバーとしても活躍した。
そんな稀代の名ピアニスト、ニッキー・ホプキンスの事実上初のソロ・アルバムです。
変名で参加したジョージ・ハリスンや、ミック・テイラー等を従えて。時に激しく、時に穏かに。
ニッキーならではの情感豊で、ある種の気品とどこか色気をも感じさせる演奏がたっぷりと堪能できます。
クイックシルヴァー時代の代表曲「Edward」のバンドが一体となったグルーヴィーな熱さに胸が高鳴り。
儚げなヴォーカルを伴った「Dolly」から滲み出る繊細な切なさに胸が締め付けられてしまうのです。
そして「Waiting For The Band」で描かれる、心躍らせるものを待っている時の浮き立ちつつも切ない想い。
この何とも言いがたい想いを。見事に描き、語ってしまう。ニッキーの指さばきにただただ聴き惚れてしまいます。

夜が明けるのを。
明日になるのを。
待ちながら。
夜が訪れるのを。
明日の夜になるのを。
待ちながら。
あの店で。
いかしたやつらに会えるのを。
御機嫌なバンドがやってくるのを。
待ちながら。
とびっきりの一夜を過ごす為に。
胸の中にあの想いが。
あの何とも言えない想いが。
沸き立ってくるのを。
待っているんだ。

そう。
待っているんだ。

|

« 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan | トップページ | 2007/03/03 Sat *そこ / The Kinks »

001 British Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14110647

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/03/02 Fri *待っている / Nicky Hopkins:

« 2007/03/01 Thu *波紋 / Ian McLagan | トップページ | 2007/03/03 Sat *そこ / The Kinks »