« 2007/03/08 Thu *たかが / Elton John | トップページ | 2007/03/10 Sat *その笑顔 / Roxy Music »

2007/03/09 Fri *されど / The Rolling Stones

20070309itsonlyrr


されど。
そうさ。
たかだか。
それだけのこと。
届くところだけ。
解るところだけ。
その中でだけ。
だけど。
それだけでいいの。
外へ。先へ。僅かでも。
されど。
その一歩を。

『It's Only Rock 'n Roll』'74年リリース。
製作途中でプロデューサーのジミー・ミラーが去り、そしてリリース後にはミック・テイラーが脱退してと。
結果としてはバンドの転換期に位置することとなったローリング・ストーンズのアルバム。
この僅か2年前にはあれだけ米国南部に根差した『Exile On Main St.』をリリースしたストーンズですが。
なんとフィリー・ソウルのグループであるブルー・マジックをコーラスに迎えたバラードがあったり。
レゲエを意識したかの様なナンバーや、もろにファンクを感じさせるナンバーもあったりして。
煌びやかに。そして妖しく毒々しく。南部の太陽の下を抜け出し、都会の夜の中へとその歩みを進めています。
そんな中で。アルバムの中央に鎮座して全体を引き締めているのが、正にストーンズなタイトル曲ですが。
この“たかがR&R、されどR&R”というストーンズだからこそのアンセムの源泉が当時はフェイセズのロニーで。
その1stソロ・アルバムのセッションで基となるトラックが録音されていたりして。もう既に次が見えていたりして。
そう思うと「Time Waits For No One」におけるテイラーのギターが何とも切なくてならないのですが・・・
まぁ、そこは“たかがR&R、されどR&R”なる、ある意味での反則技には敵わなかったんだろうなと思うのです。

されど。
そうさ。
たかだか。
それだけのこと。
僅かでも外へ。
僅かでも先へ。
その中から。
だから。
それだけじゃおさまらない。
届くかな。解るかな。震えても。
されど。
その一歩を。

されど。
僅かでも。
震えても。
されどであること。
されどでいること。
心無くさぬようにと。

|

« 2007/03/08 Thu *たかが / Elton John | トップページ | 2007/03/10 Sat *その笑顔 / Roxy Music »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14225703

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/03/09 Fri *されど / The Rolling Stones:

« 2007/03/08 Thu *たかが / Elton John | トップページ | 2007/03/10 Sat *その笑顔 / Roxy Music »