« 2007/03/20 Tue *鼓動 / The Beatles | トップページ | 2007/03/22 Thu *With A Little Help... / Ringo Starr »

2007/03/21 Wed *たまさか / John Lennon

20070321sometimeinny


都心ではあるけれど。
存外に静かで穏かな。
そんな街で暮らしている。
そんな街での生活がやはり。
存外に気に入っていて。
何もなくても。何かあっても。
そんな街での。
時の流れが。人の流れが。
気に入っている。腑に落ちている。
それでも。たまさか。

『Some Time In New York City』'72年リリース。
ジョン・レノン&ヨーコ・オノ名義でリリースされたスタジオ&ライブの2枚組アルバム。
スタジオ録音では社会的で政治的なナンバーが並んでいるのですが、実は常に自己の視点で歌ってきたジョン。
そのジョンが他の人物や社会的視点から多くを歌っていて。そこがジョンのアルバムの中でも異色かなと。
それ故か題材の割には(題材に反してか)存外にポップな側面もあったりします。
ヨーコの作品、そして歌も。これまた存外に美しくすらあったりもして。これがなかなか良かったりして。
決して直線的に訴えるだけが能ではないと。ここら辺りのセンスが流石はジョン&ヨーコかなと思ったりもします。
勿論、それだけではなく。ヘヴィーでアナーキーなライブと一体でリリースしてるのも強かでらしいのですが。
いずれにしろ生々しくて。聴く度に。ジョン&ヨーコの。その時、その都市での息づかいを色濃く感じるのです。
正直、2枚通して聴くのは。本当にたまさかだったりするのですが。

都心ではあるけれど。
存外に静かで穏かな。
そんな街で暮らしている。
そんな街での生活がやはり。
存外に気に入っていて。
何もなくても。何かあっても。
そんな街での。
時の流れが。人の流れが。
気に入っている。腑に落ちている。
それでも。たまさか。

そう。たまさか。
都市ならではの。
息づかいが。喧騒が。
どうしようもなく。恋しくなって。
忙しなく。慌しい。
時の流れに。人の流れに。
身を任せてしまう。心を任せてしまう。

そう。たまさか。
この都市から離れられない。
この都市に魅せられている。
そんな自分の存在を。
確認したくなる。

たまさかではあるけれど。

|

« 2007/03/20 Tue *鼓動 / The Beatles | トップページ | 2007/03/22 Thu *With A Little Help... / Ringo Starr »

001 British Rock」カテゴリの記事

009 The Beatles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14353927

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/03/21 Wed *たまさか / John Lennon:

« 2007/03/20 Tue *鼓動 / The Beatles | トップページ | 2007/03/22 Thu *With A Little Help... / Ringo Starr »