« 2007/04/23 Mon *立ち位置 / The Rolling Stones | トップページ | 2007/04/26 Thu *なんて伝えたら / 泉谷しげる »

2007/04/24 Tue *言われても / Faces

20070423anodisasgoodas


言われても。

何もわざわざ。
片道数十分もかけて。
電車に揺られて。
明日も朝から仕事なのに。
そこまでして。
飲みに行くことは無いじゃないと。

言われても。

その街が。
その店が。
その扉の向こうにある。
その空気が、その風が。
好きだから。それだけ。
迎えてくれる。駆けつけてくれる。
その笑顔が。その心意気が。
好きだから。それだけ。

だから。
何を言われても。

『A Nod Is As Good As A Wink...To Blind Horse』'71年リリース。
『馬の耳に念仏』なんて邦題も懐かしい、世界最強の酔いどれバンド、フェイセズの3rdアルバム。
ハードでラフで。ルーズでアーシーで。時にトラッドで。そんなフェイセズならではの魅力に満ち溢れています。
米国南部を目指して、強く焦がれながら。身に纏った英国の香りもそこはかとなく漂わせて。
千鳥足で、あっちへフラフラ、こっちへユラユラ。それでもしっかりと肩と肩を組んで歩んでいるメンバーの一体感。
特にロッド・スチュワートとロニー・レイン。2人が交じり合い、寄り添い、絶妙なハーモニーを奏でています。
前面に立ち派手に大見得を切ってみせるロッド、半歩下がって渋い微笑で決めてみせるロニーです。
それぞれの個性が発揮された「Stay With Me」も「Last Orders Please」も御機嫌ですが。
2人の歌声が文字通り寄り添うかの如くにデュエットしてみせる「Debris」なんて、もう何と言っていいのか。
後に袂を解ってしまう2人なのですが。難病に倒れたロニーの治療費をロッドが援助し続けていたとも。
そんなことも思いながらジャケットの寄り添う2人の姿を見ながら聴くと・・・
何と言われても。共に過ごした、共に思った、共に有した、共に作った、それはかけがえの無いものなのです。

言われても。

何も好き好んで。
通り過ぎたはずの。
捨ててきたはずの。
そんな道をその場所まで戻って。
そこまでして。
また一からやることはないじゃないと。

言われても。

その場所に。
待っている人がいるから。
求めている人がいるから。
待ち続けて。求め続けて。
未だ諦めず。未だ光を失わず。
前を向こうとする。先へ進もうとする。
その瞳が。その思いが。
好きだから。それだけ。

だから。
何を言われても。

自分が。
好きならば。
かけがえがいと思うなら。
それでいいのだと。
他人のどんな言葉より。
それが本音を語っているのだと。

好きなんだから、どうしようもないしね(笑)。

|

« 2007/04/23 Mon *立ち位置 / The Rolling Stones | トップページ | 2007/04/26 Thu *なんて伝えたら / 泉谷しげる »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14872093

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/04/24 Tue *言われても / Faces:

« 2007/04/23 Mon *立ち位置 / The Rolling Stones | トップページ | 2007/04/26 Thu *なんて伝えたら / 泉谷しげる »