« 2007/05/02 Wed *自作自演 / Chris Farlowe | トップページ | 2007/05/05 Sat *こんな夜に / Ron Wood »

2007/05/03 Thu *ただそれだけ / The Rolling Stones

20070503stickyfingers_1


ただそれだけ。
心の趣くまま。
心の命ずるまま。

ただそれだけに。
誘われて。
導かれて。

ただそれだけを。
手に入れて。
共にあって。

ただそれだけで。
歩めたら。
いられたら。

『Sticky Fingers』'71年リリース。
自らのレーベルからの第一弾となった、ローリング・ストーンズのアルバム。
冒頭のキースのギターを、「Brown Sugar」のそのイントロを耳にしただけで。
それだけで、ストーンズを好きで良かったと。そう思わせてしまう有無を言わせぬ説得力。
とにかくアルバム全体を通して、新たな時代の扉を開いて歩み始めたストーンズの姿に。
その溌剌として、自信と確信に満ち溢れた姿に。ただただ聴き惚れてしまうのです。
奇を衒うわけではなく。目先を変えるわけでもなく。ただただ深化していくその世界。
ミック・テイラーという新しい血を導入して。その血の流れを取り込んで。
『Beggars Banquet』で原点回帰して。そこから再び築き始めた世界をより強固にしています。
「Sway」「Wild Horses」「Can't You Hear Me Knocking」「Bitch」「Dead Flowers」・・・
これだけのナンバーがここに存在している。それでけでいいと。そうそれだけでいいと思ってしまいます。
そしてメンフィス・ソウルな「I Got The Blues」が今夜辺り、殊更に胸に沁みたりもするのです。
情感に溢れ、詩情に満ちたこのナンバー。ただそれだけなのですが。ただそれだけがいいのです。

ただそれだけ。
心の趣くまま。
心の命ずるまま。

ただそれだけに。
誘われて。
導かれて。

ただそれだけを。
手に入れて。
共にあって。

ただそれだけで。
歩めたら。
いられたら。

心のままに。
思いのままに。
好きなことを。
好きな人達と。
好きな場所で。
好きな時間を。

ただそれだけが。
いいのだと。
ただそれだけで。
いいのだと。

ただそれだけの。
得難さと。
有難さが。
胸に沁みるのです。

ただそれだけ。
簡単な様でいて。
とても難しいことだから。

|

« 2007/05/02 Wed *自作自演 / Chris Farlowe | トップページ | 2007/05/05 Sat *こんな夜に / Ron Wood »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/14955576

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/05/03 Thu *ただそれだけ / The Rolling Stones:

« 2007/05/02 Wed *自作自演 / Chris Farlowe | トップページ | 2007/05/05 Sat *こんな夜に / Ron Wood »