« 2007/05/06 Sun *何も / Blind Faith | トップページ | 2007/05/09 Wed *手札 / J.Geils Band »

2007/05/08 Tue *痕跡 / Eric Clapton

20070508ecwashere


確かに。
そこにいて。
そこである時を。
共に過ごして。
そこである道を。
共に歩いて。
そこである扉を。
共に開いて。
確かに。
その時、その道に、その扉の前に。
共にいたのだ。
でも。
その痕跡なんて。
消えてしまっていると。
そう思っていたのだけど。

『E.C. Was Here』'75年リリース。
'74年と'75年に行われたツアーから選曲されてリリースされたエリック・クラプトンのライブ・アルバム。
『461 Ocean Boulevard』でカムバックして。伸びやかなサウンドで新境地を開拓したクラプトン。
デレク&ドミノス以来の盟友、カール・レイドルが中心となって集めてきたメンバーとの息もぴったり合って。
タルサ・トップスとも名乗っていたそのメンバーと共に。ステージでは気合の入ったライブを展開していました。
確かにギター・ヒーローとしての自分に馴染めず、自らの在り方を、進む道を新たに求めたクラプトンですが。
そもそも。ブルースに魅せられて。心の命ずるままにギターを弾いてきたクラプトンですから。
ジョージ・テリーの溌剌としたギター、そしてイヴォンヌ・エリマンの艶のある歌声にも大いに刺激されて。
思い切り心を開いて。バンドと一体となって伸びやかで熱いギターを存分に聴かせてくれています。
今のクラプトンがこの時代をどう捉えているか解りませんが。ここに遺された熱い痕跡は今も輝いています。

確かに。
そこにいた。
そこである時を。
共に過ごした。
そこである道を。
共に歩いた。
そこである扉を。
共に開けた。
それだけは。
その時、その道に、その扉の前に。
共にいたことだけは。
確かだけれど。
でも。
それだけのことで。
それだけにしかすぎないことで。
それだけの痕跡など。
遺りはしないと。
そう思っていたのだけど。

自分の憶えとは。
自分の思いとは。
異なる形で。
異なる深さで。
遺っている痕跡に。
戸惑いながらも。
触れてみたくなる。
擦ってみたくなる。

その痕跡に。

|

« 2007/05/06 Sun *何も / Blind Faith | トップページ | 2007/05/09 Wed *手札 / J.Geils Band »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/15007174

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/05/08 Tue *痕跡 / Eric Clapton:

« 2007/05/06 Sun *何も / Blind Faith | トップページ | 2007/05/09 Wed *手札 / J.Geils Band »