« 2007/05/11 Fri *真夜中過ぎ / Robert Cray | トップページ | 2007/05/13 Sun *どんな時も / Leroy Carr »

2007/05/12 Sat *できること / Albert King

20070512albertkingbest


できることなんて。
たかがしれている。
そうなんだ。
上手い言葉は言えないし。
上手い方法も思いつかないし。
歌も歌えないし。
ギターも、ピアノも弾いてあげられない。
そうなんだ。
できることなんて。
ただただ。
一緒の時間を過ごす・・・それだけなんだ。

『I'll Play The Blues For You』'88年リリース。
アルバート・キングの'60年代半ば~'70年代半ばのスタックスへの録音から選曲された編集盤。
スタックス在籍以前も以後もそれなりの活躍をしていたアルバートですが。
なんと言っても、なには無くても。先ずはスタックス時代こそがその魅力が爆発した時期だったと。
このサザン・ソウルの総本山とも言うべきレーベルとはよほど水が合ったのか。実に生き生きしています。
多彩なフレーズを奏でるわけでなく、早弾きが出来るわけでもなく。でも、だからこそのアルバート。
かなり変則的な低いチューニングが生み出す大胆なチョーキングと親指弾き故かの生々しいタッチ。
そこから生み出される味わい深く感情豊なフレーズが咽び泣き、唸りを上げる・・・痺れてしまいます。
そして何気に少し籠った感じのするその歌声もギターに負けず劣らず魅力的だったりするのです。
「Born Under A Bad sign」「Crosscut Saw」等々、どれも素晴しいのですが、今夜はタイトル曲が沁みるかな・・・

できることなんて。
たかがしれている。
そうなんだ。
気の利いた台詞なんて言えないし。
洒落た気の使い方なんて思いつかないし。
心を打つ歌声も出てこないし。
思いを伝えるフレーズも奏でられない。
そうなんだ。
できることなんて。
ただただ。
ここにいることだけ・・・それだけなんだ。

できること。
辛い時、悲しい時、怒ってる時。
それを、その思いを。
一緒に、ここで聞くこと、受止めること。
嬉しい時、楽しい時、喜んでいる時。
一緒に、ここで聞くこと、解き放つこと。
できることは・・・それだけなんだ。

できること。
受止めて。解き放って。
穏かでいられる様に。安らかでいられる様に。
ここで。貴女の為に。
心の中で歌い、奏で続ける。
今も、これからも。ずっとね。

|

« 2007/05/11 Fri *真夜中過ぎ / Robert Cray | トップページ | 2007/05/13 Sun *どんな時も / Leroy Carr »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/15061250

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/05/12 Sat *できること / Albert King:

« 2007/05/11 Fri *真夜中過ぎ / Robert Cray | トップページ | 2007/05/13 Sun *どんな時も / Leroy Carr »