« 2007/05/22 Tue *情熱と冷静のあいだ / Steve Winwood | トップページ | 2007/05/24 Thu *異文化交流 / Dusty Springfield »

2007/05/23 Wed *消去法のヒーロー / T.Rex

20070523hiddenrider


あの人もいない。
この人もいないし。
あれ?
おやっ?
辺りを見回したら。
なんだよ俺しかいないの。
なんだよ誰もいないのかよ。
しかたないな。
いくしかないかな。
いや、でもね。

『Zinc Alloy And The Hidden Riders Of Tomorrow Or A Creamed Cage In August』'74年リリース。
当時の邦題を『ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー』と名づけられたT.レックス名義での5thアルバム。
何でも来日中にTVで仮面ライダーを偶々観て。インスパイアされたらしいマーク・ボラン。
自らをズィンク・アロイなるヒーロー(?)に見立てたコンセプト・アルバムとしてリリースされたのでした。
“T.レクスタシー”とまで呼ばれた熱狂的なブームも過ぎ去って、急激にその人気が翳りだしたT.レックス。
何とかその転換期を乗り切ろうとしたマーク。初めてプロデュースにも名を連ねていて。
相変らずの人工的なブギだけでなく、女性コーラスやストリングスを大胆に導入したりと頑張っているのですが。
その総てが成功している訳でもなく。何よりどうにもマーク自身の迷いの様なものも感じられたりもして。
それでも実はジョン・レノンにも通じるマークの歌声の生々しさや切迫感みたいなものは楽しめるのですけど。
やっぱりマークはズィンク・アロイでは無くて、電気の武者(『Electric Warrior』の邦題)だよなと思うのです。
でも何かマーク・ボランが仮面ライダーに惹かれるってのは解ると言うか、ありだなと微笑んでもしまいますが。

あの人も動かないし。
この人も言わないし。
あれ?
おやっ?
辺りを見回したら。
なんだよ俺を見るんじゃないよ。
そんな目で見るんじゃないよ。
しかたないな。
いくしかないかな。
いや、でもね。

なんだよ上目遣いになるんじゃないよ。
瞳を潤ませればいいってもんじゃないよ。
解ってるんだぜ。
他に誰もいないからだって。
頼み易いからだって。
だ・か・ら・・・

仮面ライダーもいきたくないこともあったろうな。
仮面ライダーも戦いたくないこともあったろうな。

まぁ、しかたないな。
子供とお年寄りと・・・可愛い娘には弱い(甘い)んだよなぁ(苦笑)。

|

« 2007/05/22 Tue *情熱と冷静のあいだ / Steve Winwood | トップページ | 2007/05/24 Thu *異文化交流 / Dusty Springfield »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/15180735

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/05/23 Wed *消去法のヒーロー / T.Rex:

« 2007/05/22 Tue *情熱と冷静のあいだ / Steve Winwood | トップページ | 2007/05/24 Thu *異文化交流 / Dusty Springfield »