« 2007/05/29 Tue *もう少し / The Four Tops | トップページ | 2007/06/01 Fri *空気を入れて / New Barbarians »

2007/05/30 Wed *そうだったんだ / Marvin Gaye

20070530grapevine


そうだったんだ。
そう。なんとなく。
なにかあったかなって。
どうかしたのかなって。
そんな感じはしていたけれど。
疲れてるみたいだったし。
なにより。
笑顔に無理してる影がね。
影が過ぎるのが見えたから。
そうか。
そうだったんだ。

『I Heard It Through The Grapevine』'68年リリース。
全米1位にまでなったタイトル曲のヒットを受けてリリースされたマーヴィン・ゲイのアルバム。
元々は『In The Groove』のタイトルでリリースされていたアルバムをジャケットも変えて再リリースしたものです。
ソウル・シンガーとしての稀有な才能を持ちながら、本人のポップス志向もあってか伸び悩んだマーヴィンですが。
キム・ウェストン、そしてタミー・テレルとのデュオでの成功でようやく吹っ切れたものがあったのか。
ようやく迷いの時期を脱して。ソウル・シンガーとしての新たな魅力を発揮し始めます。
その象徴となったのがタイトル曲(邦題『悲しいうわさ』)なのですが。確かにここには今までにないマーヴィンが。
熱く、弾けるだけではなくて。その熱さを敢えて抑えるようにして。青白い炎の如きクールさも身につけています。
この自らを、自らの歌声を冷静に操れる様になったことが、後のマーヴィンの更なる進化の基になったかなと。
あの「What's Going On」も、ここでの目覚めがなかったら、また違う形になっていたかもと思えてしまうのです。
それほどに。このタイトル曲の持つ意味は大ヒットしたことも含めて大きかったのです。
(尤も、ひたすら熱いグラディス・ナイト&ザ・ピップスのヴァージョンもそれはそれで大好きだったりしますが)

そうだったんだ。
そう。なんとなく。
なにかあったかなって。
どうかしたのかなって。
そんなうわさは耳にしていたし。
いいはなしではなかったし。
なにより。
笑顔に悲しい影がね。
影が過ぎるのが見えたから。
そうか。
そうだったんだ。

そうだったんだ。
そう。いまは。
それしか。言えなくて。
言葉も見つからないけれど。
思いが叶う様に。
祈りが届く様に。
なにより。
本当の笑顔が戻る様に。
俺も思ってみよう。
俺も祈ってみよう。

それにしても。
そうだったんだ。
やるせないな・・・

そうだったんだ。

|

« 2007/05/29 Tue *もう少し / The Four Tops | トップページ | 2007/06/01 Fri *空気を入れて / New Barbarians »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/15263158

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/05/30 Wed *そうだったんだ / Marvin Gaye:

« 2007/05/29 Tue *もう少し / The Four Tops | トップページ | 2007/06/01 Fri *空気を入れて / New Barbarians »