« 2007/07/05 Thu *飛んでゆけ / Steve Miller Band | トップページ | 2007/07/11 Wed *自由に歩いて愛して / PYG »

2007/07/10 Tue *ぐでんぐでん / 萩原健一

20070710donjuanlive


もう1年。
まだ1年。
去年の七夕の夕暮れだったな。
昨日おまえが逝っちまったってね。
そんな電話を受けながら。
暮れなずむ空を見上げてた。
風が吹き抜けていってさ。
なんだよって。
おいおいって。
もうおまえと。
飲めないのかよって。
酔っ払って肩組んで。
千鳥足で歌えないのかよって。
つまんないよなって。
ぐでんぐでん。

『Donjuan Live』'80年リリース。
ドンファン・R&R・バンドを率いて精力的にライブを行っていた萩原健一、ショーケンの2枚組ライブ・アルバム。
腕達者のそして気心知れたメンバーを従えて、一つになって心の赴くままに歌い叫ぶショーケン。
巧さよりも何よりも。その熱さだけで総てを惹きつけ転がしてしまう。稀代のライブ・パフォーマーの面目躍如です。
随所にアドリブを交えながら。そしてメロディーや歌詞を間違え。音程も外し。それさえも魅せてしまいます。
身のうちに、心のうちに収まりきらない、飼いならせない何かを抱えて。その何かを解き放たざるを得ない。
その衝動が。その表現が。時にあまりにも破天荒で、あまりにも世間から逸脱してしまうのですが。
だからこそ同じ様なものを抱えつつ。突き抜けられない身には眩しく、そして羨望をかせるのです。
まぁ、単にかの『傷だらけの天使』の頃から。アニキが、ショーケンが大好きなだけだったりもするのですが。
気紛れで。乱暴で。我儘で。繊細で。情けなくて。切なくて。情に脆くて。最高に無様で。最高にカッコいいなと。
そんなショーケンがアドリブでメンバーの名前を織り込んで歌われる「ぐでんぐでん」が飲めない頃から大好きで。
いつかそんな飲み方のできる友達が、仲間ができたらいいなと。きっとできると思っていたのです。

もう1年。
まだ1年。
今年の七夕は星を見上げる余裕も無くて。
今日やっと落着いたら雨にやり込められて。
独りでちょっと飲りながら。
物思いに耽ってた。
風が吹き抜けていってさ。
なんだよって。
おいおいって。
やっぱりおまえと。
飲めないのかよって。
酔っ払って肩組んで。
千鳥足で歌えないのかよって。
つまんないよなって。
ぐでんぐでん。

ぐでんぐでん。
偶に顔をあわせると。
よく飲んだな。
多くを語らず。何も語らず。
酔っ払って。
肩組んで。
歌って。
寝転がって。
馬鹿みたいに笑ってさ。

ぐでんぐでん。
話したい事がさ。
できたんだ。あるんだ。
おまえなら。
きっと。ただいつもの様に。
笑ってさ。
良かったですね、の一言で。
後は。
いつもの。
ぐでんぐでん。

なぁ。実はさ・・・
空の上で。
ぐでんぐでん。
空の下でも。
ぐでんぐでん。
喜んでくれるよな。

|

« 2007/07/05 Thu *飛んでゆけ / Steve Miller Band | トップページ | 2007/07/11 Wed *自由に歩いて愛して / PYG »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007/07/10 Tue *ぐでんぐでん / 萩原健一:

« 2007/07/05 Thu *飛んでゆけ / Steve Miller Band | トップページ | 2007/07/11 Wed *自由に歩いて愛して / PYG »