« 2007/08/07 Tue *いいことも / The Street Sliders | トップページ | 2007/09/10 Mon *Not yet / The Rolling Stones »

2007/08/10 Fri *憧憬 / 太田裕美

20070810kimitoaruitaseisyunn


なんだろう。
そう。この感じ。
そう。この震え。
そう。この想い。
確かに。
そう。
いつか。どこかで。
確かに。
胸の内に抱いていたもの。
それはなんだったのか。

『12ページの詩集』'77年リリース。
タイトル通りに12編の短編を、詩を聴かせてくれる太田裕美のアルバム。
そう。あの頃から。初めて耳にした頃から。なんとも言われぬ想いを抱かせる。
そんな独特の存在感を感じさせた大田裕美の少し舌っ足らずの甘い歌声なのですが。
なんだろう。決して声高でもなく。強く迫ってくるわけでもなく。でも。なぜか。どこか。
胸の内のなにかを。静かに。ささやかに。震わせるものが。その歌声にあるのです。
それが。いつも。今も。時に焼けつく様な切なさを呼び起こすのです。
それは。たぶん。かって確かにあった。確かに抱いていた。無垢な憧れだったりするのです。
それは。たぶん。永遠に満たされることのない。だからこそ忘れえぬ憧憬だったりするのです。
だから。「君と歩いた青春」・・・この曲を。いつも。今も。これからも。抱き続けるのです。

そうなんだ。
そう。この感じ。
そう。この震え。
そう。この想い。
確かに。
そう。
いまも。ここに。
確かに。
胸の内に抱いているんだ。
そう。そうなんだ。

この感じ。
この震え。
この想い。
忘れていた。忘れようとしていた。
でも。
呼び起こされた。その共鳴が。
思い出した。思い出さずにはいられなかった。
あの日。あの時。
胸の内に芽生えた。
胸の内に抱き続けた。
焼けつく様な。
泣き出しそうな。
憧憬。

だから。
静かに。ささやかに。
呼び起こしてくれた。
そのなにかを。
失いたくないのです。
守り続けたいのです。
例えそれが。
永遠に満たされない。
憧憬だったとしても。

|

« 2007/08/07 Tue *いいことも / The Street Sliders | トップページ | 2007/09/10 Mon *Not yet / The Rolling Stones »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007/08/10 Fri *憧憬 / 太田裕美:

« 2007/08/07 Tue *いいことも / The Street Sliders | トップページ | 2007/09/10 Mon *Not yet / The Rolling Stones »