« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/12 Wed *永久に失われし / Rod Stewart

20070912rodgreatest


永久に失われし。
そう。そんなものがあるからね。

輝いていた日々の記憶。
まぁ、じつのところ。
そんなに輝いていたかどうかは。
あやふやで。怪しくて。
記録じゃなくて。記憶だからね。
都合の良いように。
色をつけて。創りあげて。

失われしものが。
日々が。記憶が。
色褪せないようにとね。

『Greatest Hits』'79年リリース。
大西洋を渡った後の。ワーナー移籍後の代表曲を中心に集めたロッド・スチュワートの編集盤。
渡る前の。マーキュリー時代に比較すると評価が低かったりもしますが。
洗練されつつも。まだまだ英国の残り香を漂わせていたこの頃のロッドも大好きだったりします。
「I Don't Want To Talk About It」「Sailing」・・・やっぱりこの声にはなんとも逆らい難いものがあって。
マーキュリー時代の「Maggie May」も収録されていて。個人的には失われし日々に繋がってる曲が多かったり。
そう。「Tonight's The Night(Gonna Be Alright)」でオリジナルに入っていた別れた恋人の声を消去してるけど。
そんな。なんとも情けないくて。女々しくて。でも解りやすいところも。それもまた。ロッドらしくていいかと。
そこまでしても。まさに脚色と言うか、編集と言うか。改竄に近いかもしれないけど。それでも守りたかった。
ロッドにとっての。永久に失われし。輝いていた日々と記憶の様なアルバムだったりするよなとも。

永久に失われし。
そう。そんなものがあるからね。

輝いていた日々の記憶。
まぁ、じつのところ。
今が汚れれば汚れるほどに。
楽しかったと。輝いていたと。
記録じゃなくて。記憶だからね。
より美しくと。
色をつけて。創りあげて。

失われしものが。
日々が。記憶が。
色濃くなっていく。

だから。
もう話したくないんだ。
ただ。
あの。
夏の匂いと。
翻るスカートの裾と。
揺れる髪と。
校庭の向こうの青い空と。
それだけを抱いたまま。
ここから向こうへと。
渡っていきたいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11 Tue *パレード / The Doors

20070911strangedays


パレードが。
いくよ。
賑やかで。
楽しそうで。
物悲しくて。
切なくて。
そんな。
パレードが。
いくよ。

あの人も。
この人も。
あいつも。
あの娘も。
巻き込んで。
包み込んで。
パレードが。
いくよ。

『Strange Days』'67年リリース。
フェリーニの映画にでも出てきそうな大道芸人達のパレード。そう。その感じがドアーズだなと。
享楽に身を委ねていても。喧騒に取り囲まれていても。常にどこか浮世離れしていて。現実感が無くて。
そう。幻の世界から。地上から少し浮いている。今この時から少しずれている。そんな世界から。
行き交うものを。行われることを。ただただ見ている。そんな透明な悲しみ。それがドアーズだなと。
熱に執りつかれた様で。炎を煽っているようで。いつも自分の肩の後ろから。もう一人の自分を見ている。
そんなジム・モリソンが。常に演者でしかいられない。その姿が見事に捉えられているかなと。
この2ndアルバム。この異質な世界が。そうジムには自然だったのだろうと。そして自分にとっても・・・

パレードを。
見てる。
賑やかで。
楽しそうで。
物悲しくて。
切なくて。
そんな。
パレードを。
見てる。

あの人も。
この人も。
あいつも。
あの娘も。
巻き込んだ。
包み込んだ。
パレードを。
見てる。

街角で。
道端で。
ただただ見ている。
あっちは現実。
こっちは幻。
でも。
自分には。
あっちが幻。
こっちが現実。
いつも。
いまも。
パレードは幻にすぎないんだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10 Mon *Not yet / The Rolling Stones

20070910blackandblue


まだ駄目らしい。
そう。
まだね。
まだ。まだ。
今日という日を。
ただの一日として。
やり過ごすことは出来ないらしい。
しかたねぇなぁ。
なんだろね。

その場所に立ち。
その場所を見つめ。
手を合わせて。
目を閉じて。
そよぎゆく風に語りかける。
また来ちまったよ。
まだ駄目らしいぜ。
なぁ。そっちはどうなんだい?

『Black And Blue』'76年リリース。
あの日から。特別な意味を持ってしまった。ローリング・ストーンズのアルバム。
まったくな。タイトルを目にするのも。ちょっとなって。ましてや。針を落とすなんてな。
でも。いいアルバムだな。やっぱり聴き惚れるもの。忘れてしまうもの。やっぱりストーンズはいいよな。
でも。あのカウンターで聴きたいかな。せん無いけどさ。でも。この部屋でも。聴けるもんだな。
「Memory Motel」ってこんなに沁みたっけ。「Hey,Negrita」ってこんなに震えたっけ。
こうやって。転がってきたんだな。まだまだ。転がるんだろうな。敵わないね。まったく。なぁ。

まだ駄目らしい。
そう。
まだね。
まだ。まだ。
明日にも。明後日にも。
興味なんか無かったのにな。
そうもいかねぇらしいや。
しかたねぇなぁ。
なんだろね。

その場所に立ち。
その場所を見つめ。
頭を上げて。
目を明けて。
揺らめく光りに問いかける。
まだ行けないみたいだ。
まだ駄目らしいぜ。
なぁ。待ちくたびれたかい?

そっちは。
そっちで。
あれから。
あいつも。あいつも。
行ったからな。
賑やかかもな。
楽しくやってるかもな。

ちぇ。
ずるいよな。
ずるいよ。
でも。
まだ駄目らしい。
そう。
まだね。
まだ。まだ。
ちょいとばかし。
こっちでも。
転がってみたいと。
そうなんだ。
ちょっとなんだけどさ。

だから・・・
また。
会いに来るよ。
じゃ、ね・・・

まだ・・・なんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »