« 2007/10/26 Fri *そういうものなんだ / John Lennon | トップページ | 2007/10/28 Sun *探し物は / The Rolling Stones »

2007/10/27 Sat *ちんぴら / Orgjinal Soundtrack

20071027hardertheycome_2


人にも。
組織にも。
いろいろあるけれど。
まぁ、大別すれば。
型にはまるか、はまらないか。
多勢を好むか、一人を好むか。
そのどちらかだったりする。
で、自分がどちらかと言えば。
そりゃぁ、もう、ねぇ。
はまるどころか。
型なんてはなから意に介してないし。
嫌いではないけど。
そもそも一人だと思ってるし。

『The Harder They Come』'72年リリース。
ジミー・クリフが主演した映画のオリジナル・サウンド・トラック・アルバム。
タイトル曲を始めとするジミーのナンバーをを中心にメイタルズ等のナンバーも収められています。
確かジャマイカ版イージー・ライダーとか言われていたこの映画をレイト・ショーで観たのは20年程前ですが。
とにもかくにもジミー演じるシンガー志望の言ってみればチンピラ青年のギラギラした目つきが印象的で。
裏切られ、抑圧されて。ようやく希望を掴みかけたと思ったら・・・無常で無残な死が待っていて。
それでもその死の瞬間まで。ひたすらに走り続けていたりして。確かにニュー・シネマ的だったかなとも。
「You Can't Get It If You Really Want」にしても「Many Rivers To Cross」にしても。
厳しく、辛い現実を目の前にしても乗り越えていこうという、ある意味で悲壮な決意が感じられたりしますが。
それをあくまでも。独特のリズムの成せるところかも知れませんが。明るく力強く聴かせるところがいいなと。
キースも大好きなタイトル曲でも、誰かの操り人形や奴隷になるくらいなら、自由な人間として死にたいぜと。
あっけらかんと。自由でいることの難しさと、それでもそれを希求する意志の強さを歌っています。
そうだよな。死んだ様に生きるなら。生きてる意味なんて無いよなと。そう思って。今も変わっていないのが。
幾つになっても成長してない証で。だから未だに。あっちへふらふら。こっちへふらふらなのかも(苦笑)。
それにしても。改めて。ジミー・クリフの声の艶やかなことと歌の上手さには惹かれてしまいました。

人にも。
組織にも。
いろいろあるけれど。
まぁ、大別すれば。
集団優先で軍隊式でいくか。
個性優先でプロフェッショナルでいくか。
そのどちらかだったりする。
で、自分がどちらを好むかと言えば。
そりゃぁ、もう、ねぇ。
集団どころか。
軍隊なんてまっぴら御免で。
ろくでなくても。
自分の鼻だけを信じてるし。

答えは明らかなんだよね。
だから。もし。
はめれれそうになったら。
入隊させられそうになったら。
息苦しくなったら。
自由でいられなくなったら。
もう。
己が腕を頼りに。
さっさと別の場所を目指そう。

で。
あっちへふらふら。
こっちへふらふら。
これじゃ。
プロフェッショナルじゃなくて。
ちんぴらどまりだけど。
それが、好きだったりもするんだな(苦笑)。

|

« 2007/10/26 Fri *そういうものなんだ / John Lennon | トップページ | 2007/10/28 Sun *探し物は / The Rolling Stones »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/16906094

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/10/27 Sat *ちんぴら / Orgjinal Soundtrack:

« 2007/10/26 Fri *そういうものなんだ / John Lennon | トップページ | 2007/10/28 Sun *探し物は / The Rolling Stones »