« 2007/11/05 Mon *火種 / Jimi Hendrix | トップページ | 2007/11/14 Wed *自由でいることの不自由さを / Eagles »

2007/11/12 Mon *叩けよ、さらば / Guns N' Roses

20071112gunsandrosesep


苦しくて。
悔しくて。
駄目かな。
無理かな。
もう。
諦めてしまおうかな。
ここで。
膝を折ってしまおうかな。

でも。
その前に。
空を見上げてみないか。
耳を澄ませてみないか。
そう。
そんな時だから。
見えるものがあるかなと。
聴こえるものがあるかなと。

『EP』'88年リリース。
ジャケットが些か刺激的に過ぎる(アメリカでは発禁だったかな?)ガンズ・アンド・ローゼズのミニ・アルバム。
今ではすっかり別のバンドと化してしまった、と言うか。まぁ、あれを同じガンズと言っていいのかは疑問ですが。
ここには。あの。刺激的で危険で。ゾクゾクするほどカッコ良かった。あの。ガンズが生々しく捉えられています。
ライブが5曲。そのいずれもが。本当に。研ぎ澄まされていて。触れれば鮮血が滴りそうで。堪らないなと。
やっぱり。R&Rだよな。ハード・ロックだよな。そんな想いを呼び起こしてくれたガンズがここにいるのです。
AC/DCのカヴァー、「Whole Lotta Rosie」はより猥雑で。その下品さに思わずニヤついてしまうのですが。
故にボブ・ディランのカヴァー「Knockin' On Heaven's Door」にはある意味の神憑った美しさを感じてしまいます。
この曲はディランよりも。クラプトンよりも。アクセル・ローズの歌声こそが胸に迫り、身につまされるのです。
より深く愛したものは、より強く罰せられるのだと。何故かそんなことも考えてしまうのです。
勿論、だからと言って。愛することを止めることなど出来ないし。だからこそ。人はより深く愛するのですが。

悲しくて。
辛くて。
駄目だよ。
無理だよ。
もう。
心を閉ざしてしまおうかな。
ここで。
蹲って眠ってしまおうかな。

でも。
その前に。
顔をあげてみないか。
辺りを見回してみないか。
そう。
そんな時だから。
見えるものがあるかなと。
聴こえるものがあるかなと。

見えたなら。
聴こえたなら。

その扉を。
叩いてみよう。
その扉の。
開いた先が。
何処であっても。
開いた先に。
何があっても。

それを見ずには。
それを聴かずには。
それを引き受けずには。
その深い想いに。
答えは出せないはずだから。
・・・きっとね。

|

« 2007/11/05 Mon *火種 / Jimi Hendrix | トップページ | 2007/11/14 Wed *自由でいることの不自由さを / Eagles »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/17059832

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/11/12 Mon *叩けよ、さらば / Guns N' Roses:

« 2007/11/05 Mon *火種 / Jimi Hendrix | トップページ | 2007/11/14 Wed *自由でいることの不自由さを / Eagles »