« 2007/11/16 Fri *かけら / Janis Joplin | トップページ | 2007/11/21 Wed *信じてる / Elton John »

2007/11/19 Mon *涙あふれてしまったら / Bob Marley & The Wailers

20071119bobmarleylive_2


あまりにも。
空が青くて、高くて。
空気が冷たくて、澄んでいて。
わけも無く。
不意に。
生きてることの喜びと。
生きていくことの切なさに。
涙あふれてしまったら。
自分に言いきかせるんだ。
いいよ。泣いても。今はね。
いいよ。泣いても。今だけはね。
でも。きっと。大丈夫。
だから。さぁ。涙を拭おう。

『Live!』'75年リリース。
ロンドンのライシアム・ホールで収録されたボブ・マーリー&ウェイラーズのライブ盤。
バニー・ウェイラーもピーター・トッシュも脱退して。マーリーのカリスマ性がバンドを牽引し始めた時期のライブで。
恐らくはここら辺りが世界へ向けてのマーリーの出発点であり。そしてある意味では到達点だったかも。
とにもかくにも。バレット兄弟による強靭で柔軟なリズム隊が生み出すうねりをバックに。
バンドを、コーラス隊を。そして聴衆を。自在に操り。一体となって高みへと導いていくマーリーに痺れます。
しなやかに。そしてしたたかに。まさに司祭の如く。何かが乗り移ったかの如く。揺れながら登りつめるのです。
特に会場が一体となったさまが手に取る様に伝わってくる「No Woman,No Cry」にはえも言われぬものがあって。
オリジナルよりテンポを落としたその波動に身も心も任せていると。不意に涙があふれてしまったり。
そして涙を拭うと。自然と笑顔でいられたり。そんな不思議な力を感じてしまうのです。
だからかな。実はこの曲から始るB面が圧倒的に好きで。ついつい何度も繰り返し針を落としてしまうのです。

あまりにも。
光が穏かで、柔らかくて。
風のざわめきが密やかで、温かくて。
わけも無く。
不意に。
誰かがどこかで流している。
悲しみと喜びの糾える。
あふれる涙を思ってしまったら。
誰かに囁きかけるんだ。
いいよ。泣いても。今はね。
いいよ。泣いても。今だけはね。
でも。きっと。大丈夫。
だから。さぁ。涙を拭おう。

今日も空を見れた。
今日も風を感じた。
今日も泣けてきた。
でも。
今日も笑えた。

涙あふれてしまったら。
明日を思おう。
誰かを思おう。
自分を思おう。
きっと。大丈夫。
さぁ、涙を拭おう。

No Woman,No Cry
Everything's Gonna Be All Right...

|

« 2007/11/16 Fri *かけら / Janis Joplin | トップページ | 2007/11/21 Wed *信じてる / Elton John »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/17125996

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/11/19 Mon *涙あふれてしまったら / Bob Marley & The Wailers:

« 2007/11/16 Fri *かけら / Janis Joplin | トップページ | 2007/11/21 Wed *信じてる / Elton John »