« 2008/01/18 Fri *たとえばこんなラブソング / The Beatles | トップページ | 2008/01/23 Wed *雪でした / Badger »

2008/01/22 Tue *愛し方が / Janis Joplin

20080122kozmic


愛し方が。
解らない。

そうだよ。
好きなんだ。
多分ね。
ここにいることも。
ここで話していることも。
ここで過ごしていることも。
あなたも。あなたも。誰かも。
この。いまここにある。
世界のことがね。

でも。
愛し方が。
解らない。
解らなくなることがあるんだ。

『I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again』'69年リリース。
新たにコズミック・ブルース・バンドを率いて制作されたジャニス・ジョプリンのアルバム。
盟友だったビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーと別れてまでも演りたかったこと。
それはそのステージをかぶりつきで観るほど憧れていたオーティス・レディングの様に歌うことだったのか。
ホーンズを大胆に導入して。ジャニスにしてはやや抑え気味に。それでも熱く、情感たっぷりに歌い上げて。
確かに。綺麗に纏りすぎているきらいもあって。そして。スタックス・サウンドのベタなコピーと感じられたりも。
それでも。ジャニスの。あの歌声が聴こえてくれば。その想いが溢れてくれば。もうそれだけで。
やはり。胸の奥の何かを掴まれてしまって。揺さぶられてしまって。落着いてはいられなくなってしまいます。
なぜ、なぜ。ジャニスの声はこうも不安にさせるのだろう。こうも無防備にさせるのだろう。
震えていることは。慄いていることは。傷口が乾いていないことは。見たくないのに。知られたくないのに。
何万人のも観衆に愛されながら、愛され方が解らなかった。誰かを求めながら。誰かの愛し方が解らなかった。
そんなジャニスだから歌えた。そんなジャニスにしか歌えなかった。その何かが自分を捕らえて放さないのです。
ビー・ジーズの「To Love Somebody」(沢田研二、ジュリーも久し振りにライブで歌っていました)から、
自伝的な「Kozmic Blues」、そしてニーナ・シモンの「Little Blue」へと続くB面が特にね。身を切られる様です。

愛され方が。
解らない。

そうなんだ。
好でいてくれるんだ。
嘘じゃないんだ。
ここにいることを。
ここで話していることを。
ここで過ごしていることを。
あなたも。あなたも。誰かも。
この。いまここにある。
世界が受入れてくれてるんだ。

でも。
愛され方が。
解らない。
解らなくなることがあるんだ。

上手く。
距離感が保てなくて。
触れられないんだ。
乗り越えられないんだ。

震えが止まらないんだ。
傷口が乾いてくれないんだ。

それでも。
それでも、ね。

|

« 2008/01/18 Fri *たとえばこんなラブソング / The Beatles | トップページ | 2008/01/23 Wed *雪でした / Badger »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/17808978

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/01/22 Tue *愛し方が / Janis Joplin:

« 2008/01/18 Fri *たとえばこんなラブソング / The Beatles | トップページ | 2008/01/23 Wed *雪でした / Badger »