« 2008/02/23 Sat *夜の中を / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2008/02/26 Tue *真夜中から / Marvin Gaye »

2008/02/24 Sun *エース / O.V. Wright

20080224aceofspead


こんにちは。
今日はいい天気なんだけど。
風が強くて。冷たくて。
でも。
本当に陽射しは明るいんだよ。
あなたの笑顔みたいにね。

叔父は。
幼い僕の憧れだった。
堅物で真面目一辺倒に思えた父と違って。
柔和で少しばかりとっぽく思えて。
映画に連れてってくれたり。
バイクに乗せてくれたり。
煙草を吸う姿もカッコ良かった。
ヒーローだった。エースだった。

『A Nickel And A Nail And The Ace Of Spades』'72年リリース。
メンフィスを代表するソウル・シンガー、O.V.ライト。その魅力を余すところなく伝えるアルバム。
一般的な知名度はオーティス・レディングを始めとするスタックスのシンガー達には及ばないライトですが。
その実力は確実にそれらのシンガー達と十二分に渡り合い、凌駕するほどのものがあります。
ゴスペルで鍛え上げられた喉を武器に。スリリングにディープに聴く者を虜にしてしまいます。
ハイのリズム隊が刻んで、メンフィス・ホーンズが奏でる引締まって、そして芳醇なサウンドがまたいいんです。
歌われているのは如何にもソウルな男女のあれやこれやらしく。だからこそバラードが沁みてくるのですが。
タイトルにもなっている「A Nickel And Nail」そして「Ace Of Spades」なんてアップ・テンポなナンバーも痺れます。
それにしても他社(バックビート)の所属であるライトにここまで入れ込んでいたのがハイ・レコードで。
スタックス・サウンドに対抗するハイ・サウンドのエースは実はこのライトだったのかもしれません。

そうなんだね。
今日からはここで眠るんだね。
あなたの愛した家族の側で。
ほら。
本当に陽射しが明るいんだよ。
あなたの笑顔みたいにね。

叔父は。
いつでも僕の憧れだった。
仕事一筋で真夜中にしか会えなかった父。
代わりに何かと助けてくれた。
宿題を手伝ってくれたり。
車で買い物に付き合ってくれたり。
口数も少なく笑う姿が素敵だった。
ヒーローだった。エースだった。

日活の映画が好きで。
歌うのは裕次郎だったけど。
本当は。
エースのジョーが大好きだって言ってたね。
そのセンスも好きだったんだ。

さぁ。
もういかなかきゃ。
また会いに来るからね。
僕のヒーロ。僕のエース。
安らかに。永遠に。

|

« 2008/02/23 Sat *夜の中を / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2008/02/26 Tue *真夜中から / Marvin Gaye »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/40272330

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/02/24 Sun *エース / O.V. Wright:

« 2008/02/23 Sat *夜の中を / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2008/02/26 Tue *真夜中から / Marvin Gaye »