« 2008/02/28 Thu *ならず者の恋 / Linda Ronstadt | トップページ | 2008/03/01 Sat *賽の目 / Bad Company »

2008/02/29 Fri *天邪鬼 / Neil Young

20080229shockingpinks


天邪鬼だから。

一応は人並みに。
熱い心も持ってるから。
皆で頑張ろうとか。
一つの夢に向ってとか。
嫌いではなかったり。
時には。
旗振ったり。お尻叩いたり。
もするけれど。

皆が皆。
同じ顔してたり。
自分の言葉に泥酔してたり。
誰かの言葉を盲信してたり。
解ってるくせにおもねてたり。

やれやれ。
外れていよう。
端から見ていよう。
ちょっと。
茶化してやろう。

天邪鬼だから。

『Everybody's Rockin'』'83年リリース。
ロック界きっての天邪鬼、ニール・ヤングのゲフィン・レーベル移籍後2枚目のアルバム。
ジャケットのいでたちからもわかる様に。ロカビリーやロックン・ロールに真正直に取組んだアルバム。
コンセプトに合わせたか。30分にも満たない収録時間で。珍しくカヴァーを4曲も演ってたりします。
オリジナルも総て見事にロカビリー調で。実に楽しそうで。愛情にも溢れていて。聴く方も楽しいのですが。
何でニールがこれを演るの?なぜこの時期に?と言う疑問は当然あるわけで。で、その理由がニールらしく。
移籍して最初のアルバムでテクノ・ポップに取組んだら評判があまりにも悪くて(当然と言えば当然ですが)。
で、反動からカントリー・アルバムを作ったらレーベル側から難色を示されて。だったらこれでどうだとばかりに。
ご丁寧にも。如何にもなショッキング・ピンクスなるバンド名まで考えてこのアルバムを作ってしまったと。
何せ過去には。あの『Hervest』の後に“メジャーになりすぎるのは居心地が悪い”とかの理由で。
その次のアルバムを全曲新曲のライブ・アルバム『Time Fades Away』にしてしまったニールですから。
その反骨の精神。天邪鬼振りは筋金入りです。だからこそニールは信頼できるし、好きなんですけどね。
でも。スリム・ハーポの「Rainin' In My Heart」を。あのお気楽さ加減までカヴァーして歌われると。
わざと売れないアルバムばかり作ったとニールを訴えたゲフィン・レーベルの気持も解らなくもないかな(苦笑)。

天邪鬼だから。

一応は人並みに。
心が弱くなる時もあるから。
皆と一緒にいたいとか。
同じものを見ていたいとか。
思わないでもないけれど。
時には。
旗の下に立ってみたり。
もするけれど。

皆が皆。
同じ目をしてたり。
自分の言葉を失っていたり。
誰かの言葉を鵜呑みにしていたり。
解ってるくせに知らぬ顔を決め込んだり。

やれやれ。
呑み込まれないでいよう。
自分の足で立っていよう。
ちょっと。
一刺ししてやろう。

心が震える夜もある。
心が揺らぐ夜もある。
でも。
そんな夜こそ強がろう。
そんな夜こそ立ち向かおう。

天邪鬼だから。
そんな夜こそ心地良い(笑)。

|

« 2008/02/28 Thu *ならず者の恋 / Linda Ronstadt | トップページ | 2008/03/01 Sat *賽の目 / Bad Company »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/40377818

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/02/29 Fri *天邪鬼 / Neil Young:

« 2008/02/28 Thu *ならず者の恋 / Linda Ronstadt | トップページ | 2008/03/01 Sat *賽の目 / Bad Company »