« 2008/08/09 Sat *土曜の夜 / 泉谷しげる | トップページ | 2008/08/12 Tue *我が心にも / John Cougar Mellencamp »

2008/08/10 Sun *狂気 / Queen

20080810game


狂気。

胸に宿ったら。
心に巣食ったら。
体に憑りついたら。

理屈も。
理由も。
理性も。
何も抗えはしない。

どんなに。
小さくても。
ささやかでも。
取るに足らなく思えても。
支配されてしまう。

狂気。

『The Game』'80年リリース。
久々に姿を現したジャケットで('74年の『Sheer Heart Attack』以来)大胆な変貌を遂げていたクイーン。
サウンドにおいても初期は使用していないことを売りにしていたシンセサイザーを大幅に導入していて。
前作が2枚組ライブ・アルバム『Live Killers』だったので。そこで一区切り。このアルバムから再出発と。
恐らくはメンバー各自にも明確にそんな意識があって。楽曲もサウンドも一層多様になったのかなとも。
勿論、従来からのクイーン・サウンドを継承している「Save Me」なんて美しいナンバーもあるのですが。
なんと言ってもファンキーな「Another One Bites The Dust」と、そしてプレスリーかよとツッコミたくなる、
ロカビリーな「Crazy Little Thing Called Love」と。この2曲の徹底振りが余りにも強烈に印象に残ります。
この狂気とも言える徹底振りが、クイーンの魅力の源泉たる過剰さも生み出している気もするのですが。
その「Crazy Little~」に溢れるR&Rの狂気が主夫だったジョン・レノンにも火をつけたってのも当然かなとも。
やっぱり、何かに狂うこと、狂ったと思い込めること、狂気だけが持ちえる魅力、魔力ってのがあるのです。
(今夜、映画館のスクリーンで目にした在りし日のフレディ・マーキュリーに宿る狂気に殺られました。
  『Queen Rock Montreal cine sound Ver.』凄い迫力でした。生で観たかったなぁ・・・)

狂気。

胸に宿らせて。
心に巣食わせて。
体に憑りつかせて。

理屈にも。
理由にも。
理性にも。
何も言わせはしない。

どんなに。
小さくても。
ささやかでも。
取るに足らなく思えても。
手にしてしまえば。
信じてしまえば。
思い込んでしまえば。

狂気。

狂気よ。
我に。

|

« 2008/08/09 Sat *土曜の夜 / 泉谷しげる | トップページ | 2008/08/12 Tue *我が心にも / John Cougar Mellencamp »

001 British Rock」カテゴリの記事

015 Queen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/42151672

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/08/10 Sun *狂気 / Queen:

« 2008/08/09 Sat *土曜の夜 / 泉谷しげる | トップページ | 2008/08/12 Tue *我が心にも / John Cougar Mellencamp »