« 2008/08/23 Sat *逢いたくて逢いたくて / Cold Blood | トップページ | 2008/08/28 Thu *終りなき / カルメン・マキ & OZ »

2008/08/26 Tue *揺るぎない / Led Zeppelin

20080826foursymbolesmonth


街も。
店も。
人も。
時の流れと無縁ではいられない。
同じ様に見えても。
同じ風を感じても。
同じ匂いを感じても。

あの日とは。
あの時とは。
微かに。
でも確かに。
変わっている。
変わっていく。

『Ⅳ』'71年リリース。
タイトルもバンド名すらジャケットに表記されていないレッド・ツェッペリンの4thアルバム。
北京五輪の閉会式にジミー・ペイジが登場して。なにやらまたぞろ身辺が騒がしくなりそうですが。
昨年の再結成が一夜限りの夢では無いと、必ずやツアーに出てくれるものだと。
そう願ってる、信じてる、妄想してる(?)のは私一人では無い筈だと思っているのですが。
ツェッペリンの何に惹かれるのか、何でそんなに観たいのか、聴きたいのか。
それはもう。ただただ。あの圧倒的な存在感を感じたい、包まれたい、身を任せたいと思うからで。
そう。ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズ、そしてジョン・ボーナム(ボンゾ)が一体となった時の。
その音の、世界の。決して揺らぐことの無い、なにものにも代えられない存在感にいつも打ちのめされるので。
一度でいいから。一夜でいいから。生でと思うのです。まぁ、ボンゾはね・・・まぁ、ジェイソン頑張れと。
そんなツェッペリンの唯一無二の存在感が確立されたのが、やはりこのアルバムかなと。
そしてそれを象徴しているのが「Stairway To Heaven」かなと。静から動へ。そしてまた静へと。
久し振りに爆音で聴きながらその鮮やかさに打ち震えて。最後の一節が、囁きが胸に染入りました。
To Be A Rock And Not To Roll...と。そうだよなぁって。またグラスを煽ってしまったり(苦笑)。

街も。
店も。
人も。
時の流れと無縁ではいられない。
同じ様に見えても。
同じ風を感じても。
同じ匂いを感じても。

それでも。
微かに。
でも確かに。
あの日に。
あの時に。
見えたものが。
感じたものが。
そこにある。

そこに。
想いがあれば。
志があれば。
矜持があれば。
時の流れにも。
なにものにも。
揺らぐことは無い。
そんなものが生まれる。
そんなものを抱きしめられる。

なにがしたい。
なにがほしい。
なにになりたい。

思い出して。
思い新たに。
揺るぎない自分にと・・・

|

« 2008/08/23 Sat *逢いたくて逢いたくて / Cold Blood | トップページ | 2008/08/28 Thu *終りなき / カルメン・マキ & OZ »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/42343233

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/08/26 Tue *揺るぎない / Led Zeppelin:

« 2008/08/23 Sat *逢いたくて逢いたくて / Cold Blood | トップページ | 2008/08/28 Thu *終りなき / カルメン・マキ & OZ »