« 2008/09/06 Sat *夏の終りに / RCサクセション | トップページ | 2008/09/10 Wed *人の望みの / Bob Dylan »

2008/09/08 Mon *ジャンプ / The Who

20080908whosbest


跳べ。
跳んでしまえ。
見る前に。
考える前に。
固まってしまう前に。

とにかく。
ここから。
そこから。
いまから。
いつから。

少しでも。
僅かでも。
できる限り。
跳び上がれ。

『Who's Better, Who's Best』'88年リリース。
結成25周年を記念してリリースされた(同名のビデオ作品も制作されました)ザ・フーの編集アルバム。
デビュー曲である「I Can't Explain」からケニー・ジョーンズを迎えたの「You Better,You Bet」までと。
リリース時点でのフーのキャリアがアルバム1枚で(かなり駆け足ですが)追体験できる内容となっています。
フーは捨て曲の殆ど無いバンドなので。収録されたどのナンバーを聴いても心が躍り、血が騒ぐのですが。
逆に言うと。何であれは入ってないんだ?あれも外しちゃ駄目だろうと。ついつい愚痴ってしまいます。
やっぱり「Summertime Blues」とか「The Real Me」とかはねぇ。まぁ、贅沢と言えば贅沢ですが。
アナログ時代の編集アルバムからは除外されがちな「The Kids Are Alright」が選ばれてるのはいいなと。
そして。なによりも。このジャケットがカッコいいじゃないですか。このカッコ良さがフーでしょう、やっぱり。
股を広げて跳び上がるピート・タウンゼンドに、マイクをぶん回すロジャー・ダルトリー。これでしょう。
孤独で繊細な世界観を描きながらもステージではワイルドなピート、大見得と力技で対抗するロジャー。
混乱したり不安に押しつぶされそうになることがあっても、膝が震えても。拳を握り締めてとにかく立ち向かう。
そんなある意味では青臭くて滑稽ですらあって。でもそんなフーだからカッコいいのです。跳んでみれば解るって。
待望の単独来日。そんなフーに。ピートにロジャーに会える日が待ち遠しいのです。

跳べ。
跳んでしまえ。
見る前に。
考える前に。
固まってしまう前に。

とにかく。
ここから。
そこから。
いまから。
いつから。

少しでも。
僅かでも。
できる限り。
跳び上がれ。

蹲ってしまうくらいなら。
踏み出せなくなってしまうくらいなら。
声を失ってしまうくらいなら。
思いを捨ててしまうくらいなら。

形なんてどうでもいい。
姿なんてどうでもいい。
無様でもなんでもいいから。
震える膝に力を込めて。
拳を握りしめて。
跳べ。
跳んでしまえ。

ジャンプ!

|

« 2008/09/06 Sat *夏の終りに / RCサクセション | トップページ | 2008/09/10 Wed *人の望みの / Bob Dylan »

001 British Rock」カテゴリの記事

012 The Who」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/42431229

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/09/08 Mon *ジャンプ / The Who:

« 2008/09/06 Sat *夏の終りに / RCサクセション | トップページ | 2008/09/10 Wed *人の望みの / Bob Dylan »