« 2008/09/27 Sat *この素晴しき / 沢田研二 | トップページ | 2008/10/02 Thu *不敵 / Tom Petty & The Heartbreakers »

2008/09/28 Sun *お道具 / Eric Clapton

20080928slowhand


ぐつぐつ。
ぐつぐつ。
お湯が沸いたら。
お塩を入れて。
さぁ。
ペンネを茹でよう。
オリーブ・オイルを入れて。
香りづけ。
まだかな。まだかな。
まだだよ。まだだよ。
待ってる間に。
ニンニクと鷹の爪を炒めて。
トマト・ソースを加えて。
ツナも加えて。
ピピッ。ピピッ。
さぁ、お湯をきって。よくきって。
ペンネを加えて。
刻んだバジルも加えて。
合わせて。合わせて。

美味しそうだねぇ。

『Slowhand』'77年リリース。
愛器“ブラッキー”をフューチャーしたジャケットも印象的なエリック・クラプトンのアルバム。
『461 Ocean Boulevard』でのカムバック以来始めてロンドンでレコーディングされたアルバムです。
自らの通り名を冠したタイトルと言い。どこかしら吹っ切れて。肩の力が抜けて。原点に戻って。
そんなあるがままの。いまここにいる自分を表現しようとのクラプトンの思いが伝わってくる様です。
でなければ。ドラッグ中毒だった自らの過去を髣髴とさせる「Cocaine」なんて演らないでしょうし。
正直に言えば。このアルバムのクラプトンのプレイが最高だとは思わないのですが。
のびのびと。思うがままに“ブラッキー”を奏でている。その素直さが反映したトーンは悪くないなと思います。
クリーム時代のSGなどギブソンも似合うクラプトンですが。やっぱりこの黒いストラトとの相性が一番だったかな。
まぁ、「Wonderful Tonight」だけは甘すぎるかも知れませんが(歌詞は結構辛辣だと思いますが・・・)。

ことこと。
ことこと。
いい匂いがしてきたら。
赤ワインを入れて。
さぁ。
とろ火で煮込もう。
玉葱もたっぷり。
人参もたっぷり。
まだかな。まだかな。
まだだよ。まだだよ。
慌てずに。
蓋を開けないで。
ブラウン・マッシュルームも入ってるし。
スネ肉は蕩けそうだね。
もうお昼から何時間も。
さぁ、そろそろだね。
ソースを加えて。
赤ワインをもう少し。
煮込んで。煮込んで。

美味しそうだねぇ。

パスタ・パンに。
シチュー・ポット。
我が家のお道具が。
我が家の愛器が。
美味しいハーモニー奏で続けた。
ささやかな幸せに満ちた日曜日でした。

|

« 2008/09/27 Sat *この素晴しき / 沢田研二 | トップページ | 2008/10/02 Thu *不敵 / Tom Petty & The Heartbreakers »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/42657644

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/09/28 Sun *お道具 / Eric Clapton:

« 2008/09/27 Sat *この素晴しき / 沢田研二 | トップページ | 2008/10/02 Thu *不敵 / Tom Petty & The Heartbreakers »