« 2008/10/02 Thu *不敵 / Tom Petty & The Heartbreakers | トップページ | 2008/10/04 Sat *When She Is Sixty-Five / Janis Joplin »

2008/10/03 Fri *空があんまり・・・ / Muddy Waters

20081003atnewport


空があんまり青いから。
少し遠回りしてみようかなんて。
本当に。本当に。
透き通るような青空の下で。
あぁ、気持いいなって。
背伸びして。
深呼吸して。
あぁ、幸せだなって。
唇の端に笑みを浮かべて。

『At Newport』'61年リリース。
ジェイムズ・コットンにオーティス・スパン。阿吽の呼吸の舎弟衆を引き連れたマディー・ウォーターズ。
貫禄たっぷりに第7回ニューポート・ジャズ・フェスティヴァルのトリを飾った、その模様を収めたライブ・アルバム。
ニューポート市内で発生した暴動によりことさら暑い夏となった、その夏の盛りのフェスティヴァルで。
異様な熱気が立ち込めたであろう最終日の、炎天下の日曜日のステージに現れたマディとそのバンド。
その熱気も、照りつける陽射しをも圧倒する熱く、そして重量感に溢れるパフォーマンスが。
荒れ狂っていた観客を圧倒し、そのブルースの持つ重みを心底感じさせていく様が手に取るように伝わります。
「Got Mojo Workin'」で熱狂の坩堝に巻き込んで。「Goodbye Newport Blues」でしんみりと酔わせて締め括って。
暴動の模様を即興で書き上げたと言う「Goodbye~」におけるスパンのピアノとヴォーカルが心に染入ります。
スパンが歌い終わった瞬間、皆が涙ぐんでいたなんてマディの言葉が。その気持が本当によく解ります。
スパンは本当に最高のブルース・ピアニストだったなて、改めてしみじみ思って。涙が滲んだり、ね。

空があんまり青すぎて。
少し遠回りしてみたのだけれど。
本当に。本当に。
透き通るような青空の下で。
あぁ、気持いいなって。
背伸びして。
深呼吸して。
あぁ、切ないなって。
瞼の端に涙を滲ませて。

あまりに青い空のした。
嬉しくて。悲しくて。
でも。
この空の青さを感じられる。
それはやっぱり幸せなことなのだろうと、ね。

|

« 2008/10/02 Thu *不敵 / Tom Petty & The Heartbreakers | トップページ | 2008/10/04 Sat *When She Is Sixty-Five / Janis Joplin »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/42687609

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/10/03 Fri *空があんまり・・・ / Muddy Waters:

« 2008/10/02 Thu *不敵 / Tom Petty & The Heartbreakers | トップページ | 2008/10/04 Sat *When She Is Sixty-Five / Janis Joplin »