« 2008/10/05 Sun *さしむき / Faces | トップページ | 2008/10/13 Mon *時の流れに / Fairport Convention »

2008/10/06 Mon *Love Letter From... / Billy Preston

20081006thekidsandme


おや。
誰からだろう。
おぉ、おぉ。
うん、うん。
そうか、そうか。
なんと、まぁ。
そうだよな、そうだよね。
嬉しいな、嬉しいよ。

この便りはさぁ。
やっぱり。あれだよな。

『The Kids And Me』'74年リリース。
ビートルズとのセッション、そしてローリング・ストーンズとのセッションやツアーにも参加したビリー・プレストン。
ビートルズのアップルを経て契約したA&Mレコードでの4枚目のアルバムであり代表作の1枚です。
10代半ばからプロとして活動していたビリー。このアルバム発表時で既に20年以上のキャリアがあって。
もう十分にベテランの域に達していたわけですが。決して枯れることなく。正に脂が乗りきった状態で。
あのストーンズとの活動でも発揮されていたファンキーさが極上の味付けで提供されています。
ストーンズのライブでも(ソロ・コーナーを与えられて!)演奏していた「Nothing From Nothing」なんてもう。
その軽快さに無条件で踊りだしたくなります。「Struttin'」なんてインストではキーボードが弾けまくってますし。
その一方で「You Are So Beautiful」なんてバラードをスウィートにソウルフルに決めてもいます。
このナンバー、ジョー・コッカーで有名ですが。オリジナルはビリーなんです(共作者でもありますしね)。
いや、しかし。本当にカッコ良いです。惜しくも2年ほど前に亡くなりましたが。ライブ、観たかったなぁ。

おや。
誰からなの。
あぁ、あぁ。
うん、うん。
そうか、そうか。
なんと、まぁ。
そうだよね、そうだよね。
嬉しいでしょ、嬉しいよね。

この便りはさぁ。
やっぱり。あれだよね。

そうだよね。
感謝と信頼と親愛と。
ラブ・レターだね。
恋文だね。
いいな、いいね。

娘(?)から届いた。
短くも温かいラブ・レターに。
嬉しくて。涙が毀れそうで。
改めて自分の親バカ振り(?)を思い知った夜でした。

20歳しか違わないんだけどな(笑)。

これからも。
そのままで。
真直ぐに。
凛として。
階段を上ってくれることを・・・

|

« 2008/10/05 Sun *さしむき / Faces | トップページ | 2008/10/13 Mon *時の流れに / Fairport Convention »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/42731042

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/10/06 Mon *Love Letter From... / Billy Preston:

« 2008/10/05 Sun *さしむき / Faces | トップページ | 2008/10/13 Mon *時の流れに / Fairport Convention »