« 2008/12/13 Sat *けだるい昼下がり / The Kinks | トップページ | 2008/12/17 Wed *忙中楽あり / The Beatles »

2008/12/14 Sun *だけど やっぱり / The Rolling Stones

20081214outofourheadsjp


凄い。
凄いよ。本当に。
カッコいい。
カッコいいよ。本当に。
なんなんだよ。こいつらは。
思わず微笑む。
おかしいんじゃねぇの。
いくつなんだよ。こいつらは。
なんであんなに動けるんだよ。
なんであんなにキレがあるんだよ。
なんであんなにコクもあるんだよ。
なんでこんなに弾けてるんだよ。

スクリーンに向って。
拍手して。拳を突き上げて。
歌って。叫んでしまう。
最高だぜ。

だけど。やっぱり。

『Out Of Our Heads』'65年リリース。
米国盤の同名アルバムと同内容のローリング・ストーンズの日本盤。
但し曲順が大幅に異なっていて。なんと大胆にもA面とB面を入れ換えたりしています。何故か。
「(I Can't Get No) Satisfaction」をA面の頭にもってきたかったからに違いありません。
(他にもB面の頭に「Mercy,Mercy」と入れ換えで「The Last Time」をもってきています)
中学生の時に買って聴き狂ったアルバムがこの曲順だったので。未だに米国盤の曲順には馴染めなくて。
このキースが主役のジャケットを見るだけで。頭の中では「(I Can't Get No) Satisfaction」が鳴り響きます。
オリジナルの米国盤の曲順もいいなとは思います。だけど。やっぱり。針を落としたら、あれが聴こえてこないと。
そう物足りない。満足できない体になってしまったのです。勿論、このアルバムの魅力は他にもありますが。
O.V.ライトのカヴァー「That's How Storong My Love Is」なんかこの時期のカヴァーとしては最高で。
日本盤のB面のみの「Mercy,Mercy」「Hitch Hike」「That's How~」「Good Times」ソウル4連発は御機嫌で。
だけど。やっぱり。「(I Can't Get No) Satisfaction」でしょ。カッコいいでしょ。最高に。
映画《Shine A Light》でも。この曲で。腰を落として。顔面皺だらけでカッティングするキース。ゾクゾクするもの。
余談ですが「You Got The Silver」でギターを持ってもいないの。あれは駄目だろう。あれは・・・余談でした。

凄い。
凄いよ。本当に。
カッコいい。
カッコいいよ。本当に。
なんなんだよ。こいつらは。
思わず涙ぐむ。
おかしいんじゃねぇの。
こいつらはこんなに元気なのに。
あんなに動いてるのに。
あんなにキレがあるのに。
あんなにコクもあるのに。
こんなに弾けてるのに。
こんなにロックしてるのに。

スクリーンに向って。
拍手して。拳を突き上げて。
歌って。叫んでしまう。
最高だぜ。

だけど。やっぱり。

あなたと観たかった。
あいつと観たかった。
あいつとも観たかった。
あなたと語りたかった。
あいつと語りたかった。
あいつとも語りたかった。

ストーンズの映画観た?
観たよ。観たよ。
凄いじゃん。カッコいいじゃん。
最高だよね。御機嫌だね。
ミックさぁ、化け物だよね~。
キースのあの台詞がいいんだよなぁ・・・

声が聞こえる。
顔が思い浮かぶ。
空気が。空気が・・・さ。

《Shine A Light》凄かったんだ。
だけど。やっぱり。
物足りない。

皆揃ってれば最強だったのにって・・・ね。

|

« 2008/12/13 Sat *けだるい昼下がり / The Kinks | トップページ | 2008/12/17 Wed *忙中楽あり / The Beatles »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/43434229

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/12/14 Sun *だけど やっぱり / The Rolling Stones:

« 2008/12/13 Sat *けだるい昼下がり / The Kinks | トップページ | 2008/12/17 Wed *忙中楽あり / The Beatles »