« 2008/12/26 Fri *また逢おう / 萩原健一 | トップページ | 2009/01/01 Thu *さてと / Aerosmith »

2008/12/28 Sun *涙を拭いて / The Pretenders

20081228pretenders


涙を拭いて。

憶えていよう。
忘れないでおこう。
辛かったことも。
悲しかったことも。
そう。
突き刺さるほどの痛みを。
引き裂かれるほどの痛みを。
この身体に。この精神に。
刻み込んでおこう。

そして。
立ち上がろう。
歩き出そう。
泣くだけ泣いたなら。
叫ぶだけ叫んだなら。
めそめそするのはもう終り。
くよくよするのももう終り。

涙を拭いて。

『Pretenders』'80年リリース。
クリッシー・ハインド率いるプリテンダーズの1stアルバム。
勿論今でも現役で。殿堂入りまでして貫禄十分で今でも十分にカッコいい姉御、クリッシーですが。
やっぱりこのアルバムの、このジャケットの紅い革ジャンを目にした時のインパクトは忘れられません。
カッコよくて、セクシーで。もう針を落とす前から確信してました。きっと御機嫌なR&Rを演ってるって。
そう所謂ジャケ買いをしてしまったのですが。その確信が裏切られることはご存知の様にありませんでした。
(ベースのピート・ファーンドンの革ジャンにつけられたトライアンフのエンブレムもジャケ買いの一因かな)
「Space Invader」なんて。今ではそのタイトルも含めて古臭く感じられるインストがあるのはご愛嬌。
「Precious」「Kid」「Brass In Pocket」と。そのタイトでキャッチーでもあるR&Rナンバーに笑みが毀れます。
そして。デヴュー・シングルでもあった「Stop Your Sobbing」のなんとも軽快なカッコ良さ。
キンクスのこのナンバーを選んだクリッシーのセンスにプロデューサーのニック・ロウが見事に応えていて。
なんとも心躍る魅力的なナンバーになっています。タイトル通り、渇を入れられて涙も止まってしまいます。
(ニックはこの1曲のみの担当で。それ以外手掛けているクリス・トーマスの手腕も見事です)
革ジャンを羽織って。スニーカーの紐を結んで。さぁ、街へ繰出そうかって気分にさせてくれるのです。

涙を拭いて。

憶えていよう。
忘れないでおこう。
辛かったことも。
悲しかったことも。
そう。
突き刺さるほどの痛みを。
引き裂かれるほどの痛みを。
この身体に。この精神に。
刻み込んでおこう。

そして。
立ち上がろう。
歩き出そう。
泣くだけ泣いたなら。
叫ぶだけ叫んだなら。
めそめそするのはもう終り。
くよくよするのももう終り。

涙を拭いて。

お気に入りの革ジャンを羽織って。
お気に入りのスニーカーの紐を結んで。
御機嫌なR&Rを口ずさみながら。
ステップを踏んで真夜中の街へと。

来ることは。
それだけ。
それだけだから。
さぁ、いこう。

涙を拭いて。
明日へ。

|

« 2008/12/26 Fri *また逢おう / 萩原健一 | トップページ | 2009/01/01 Thu *さてと / Aerosmith »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/43562414

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/12/28 Sun *涙を拭いて / The Pretenders:

« 2008/12/26 Fri *また逢おう / 萩原健一 | トップページ | 2009/01/01 Thu *さてと / Aerosmith »