« 2009/02/01 Sun *喋々喃々 / Jeff Beck Group | トップページ | 2009/02/03 Tue *鬼は内 / 萩原健一 »

2009/02/02 Mon *聴こえるよ / Sheena & The Rokkets

20090202youmaydream


聴こえるよ。

いま、この瞬間も。
一人で。独りで。
逃げずに。凛として。
向き合っているんだな。
目を閉じたら。
引きずり込まれそうな。
目を凝らしたら。
絡め獲られそうな。
暗い。深い。なにものかと。

聴こえるよ。

『真空パック』'79年リリース。
時代を感じさせるジャケットにパックされたシーナ&ザ・ロケッツ、シナロケのメジャー・デヴュー・アルバム。
その時代の要請か。レーベル・メイトでもあったイエロー・マジック・オーケストラが参加していて。
プロデュースは細野晴臣が手掛けているのですが。これがやはり今聴くと時代を感じさせてしまって。
シナロケのR&Rにテクノ・ポップの装飾はいらなかったんじゃないのって。何だか安っぽく聴こえるよなと。
この装飾ゆえに当時のシーンの最前線に浮上できたのは確かなのですが。
サウンド的には細野の手を離れた3rdアルバム『Pinup Baby Blues』以降のアルバムが好みではあります。
ただ。「You May Dream」とか「オマエガホシイ」とか。そして「Lazy Crazy Blues」とか。
シナロケならではのビートとキャッチさを併せ持った御機嫌なナンバーはやっぱりいいなって。好きなんです。
このビートとキャッチさに乗っかって。甘くて妖しい歌声を聴かせるシーナって。うん、魅力的だったし。
そうそう。「You Really Got Me」のカヴァーもカッコ良くて。このシナロケとヴァン・ヘイレン。
そこからキンクスに辿り着いたりもして。そういう意味では忘れ難いアルバムなのです。

聴こえるよ。

いま、この瞬間も。
一人で。独りで。
逃げずに。凛として。
向き合っているんだな。
叫びだしたくなる様な。
胸の内に詰め込まれた苛立ちと。
押しつぶされる様な。
体に纏わりつく気だるさと。
暗い。深い。なにものかに。

聴こえるよ。

歌いだすんだな。
新しい歌を。
新しい詩を。
窒息しそうな。
身を包む。世界を包む。
それらを毟りとって。
お前だけの。
ロックを。ブルースを。
その。
甘く妖しい声で。
狂おしく。気だるく。

聴こえるよ。

俺にはもう。
聴こえてるんだ。

|

« 2009/02/01 Sun *喋々喃々 / Jeff Beck Group | トップページ | 2009/02/03 Tue *鬼は内 / 萩原健一 »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009/02/02 Mon *聴こえるよ / Sheena & The Rokkets:

« 2009/02/01 Sun *喋々喃々 / Jeff Beck Group | トップページ | 2009/02/03 Tue *鬼は内 / 萩原健一 »