« 2009/02/11 Wed *今を生きる / Don Nix | トップページ | 2009/02/14 Sat *R&Rのパワー、パワー! / The Rolling Stones »

2009/02/13 Fri *運命や如何に / Blue Oyster Cult

20090213fortune


いいのか。
悪いのか。
進むのか。
進まないのか。
ぶっちゃけ。
ものになるのか、ならないのか。
いいかげん。
ハッキリさせたいんだけど。
そりゃ、まぁ。
あまりにも。
不確定要素が多いのも。
事実だけど。
いいかげん。
じれてきたりしてるんですけどね。

『Agents Of Fortune』'76年リリース。
ウィリアムズ・バロウズの作品から拝借した“ヘヴィ・メタル”を自らのサウンドに冠したブルー・オイスター・カルト。
仕組んでいたのはマネージャーのサンディー・パルマンで。メンバーは不本意でもあったらしく。
実は意外にポップでメロディアスな要素を取り入れていて。このアルバムではそれらが前面に出てきています。
代表曲となった「(Don't Fear) The Reaper」なんて言わばザ・バーズをヘヴィにハードにした感じだったり。
またニューヨークのパンク・シーンとも関わりが深く、パティ・スミスがヴォーカルで参加していたりもします。
そんなパティとの交流も含めて。イメージ的にもサウンド的にもどこか知的な匂いが漂っているのです。
ギターのドナルド・ローザーがインタビューで自分達はずっとメジャーのトップでやってきたんだと言ってましたが。
そのプライドを感じさせる、悪く言えばスノッブなところが魅力でもあり、限界でもあり。
例えば同じポップなハード・ロックでもキッスの様な下世話さは無くて。そこが時に食い足りないかと思います。
マネージャーの管理下から飛び出して自らの手でバンドの運命を操ろうとした意気は良しですけどね。

いいのか。
悪いのか。
進むのか。
進まないのか。
ぶっちゃけ。
ビジネスになるのか。ならないのか。
いいかげん。
決めて欲しいんだけど。
そりゃ、まぁ。
あまりにも。
調整事項が多過ぎて。
大変ではあるでしょうが。
いいかげん。
飽きてきたりしてるんですけどね。

どの目が出るか。
どのカードが切られるのか。
どの物語が続くのか。
その手元に。
その手元を。
関心を払い続けるのも。
注目し続けるのも。
疲れてきて。

あぁ。
自分でカードを選びたい。
はぃ、これで決まりってね(苦笑)。

|

« 2009/02/11 Wed *今を生きる / Don Nix | トップページ | 2009/02/14 Sat *R&Rのパワー、パワー! / The Rolling Stones »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44076475

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/02/13 Fri *運命や如何に / Blue Oyster Cult:

« 2009/02/11 Wed *今を生きる / Don Nix | トップページ | 2009/02/14 Sat *R&Rのパワー、パワー! / The Rolling Stones »