« 2009/02/22 Sun *豊潤 / Various Artists | トップページ | 2009/02/24 Tue *熟成 / Roger Tillison »

2009/02/23 Mon *ほんとうに / J.J. Cale

20090223really


ほんとうに。
歩いているのか。
話しているのか。
考えているのか。
そもそも。
息をしているのか。
ほんとうに。

どうにも。こうにも。
現実感に乏しくて。
現実と認めたくなくて。
今日が月曜日だなんて。
週末が過ぎ去ってしまったなんて。
ハレの日々から追い出されたなんて。
ほんとうに。

『Really』'72年リリース。
オクラホマの吟遊詩人、J.J. ケイルの2ndアルバム。
若くしてロスへ進出するも。数年で故郷に戻ってしまい。その後レオン・ラッセルのシェルターでデビュー。
その後も実にマイ・ペースに活動を続けて。味わいのあるギターと歌を思い出した様に届けてくれるケイル。
あまりに力の抜けたそのギターと歌からも、売れてやろうなんて野心は微塵も感じられず。
ただただ。好きな時に好きな様に。弾けて歌えればそれでいいと。そんな浮世離れした感覚が滲み出ています。
なにも無理して。世間やら、流行やら、ビジネスやらに。その流れに歩調なんか合わせなくていいんだよと。
このグダグダ感がなんとも堪らないケールです。そうだよな。それでいいんだよな。呟きながら聴いてみたりして。
尤もそのマイ・ペースの背景には。作品がクラプトンにカヴァーされて大ヒットとなって・・・って事情もありますが。
基本的に無いもののねだりの人生を送ってるクラプトンがケイルに惹かれるのもよく解る気もします。
ドン・ニックスの名作「Going Down」のカヴァーも演ってますが。実にだるく沈み込む感じが心地良いのです。

ほんとうに。
歩きたいのか。
話したいのか。
考えたいのか。
そもそも。
息をしていたいのか。
ほんとうに。

どうにも。こうにも。
現実感に乏しくて。
現実と認めたくなくて。
毎日が日曜日ならいいのになと。
否、土曜日のほうがいいのかな。
ハレの日々が続くなら曜日なんかどうでもいか。
ほんとうに。

世間とか。
流行とか。
ビジネスとか。
社会とか。
世界とか。
どうでもいいんだよな。
浮いていたいんだよな。
グダグダと。
ほんとうに。

馬鹿馬鹿しいって解ってる。
でも。
結構、本気で思ってる。
ほんとうに。

|

« 2009/02/22 Sun *豊潤 / Various Artists | トップページ | 2009/02/24 Tue *熟成 / Roger Tillison »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44188191

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/02/23 Mon *ほんとうに / J.J. Cale:

« 2009/02/22 Sun *豊潤 / Various Artists | トップページ | 2009/02/24 Tue *熟成 / Roger Tillison »