« 2009/02/27 Fri *ただのロケンロール / 内田裕也 | トップページ | 2009/03/04 Wed *生がいい・・・ / Mott The Hoople »

2009/03/01 Sun *ツー・ショット / David Bowie

20090301pinups


写真撮ろうか。
この料理いいよね。
この器もいい感じだよね。
こういう盛り付けもあるんだね。
こういう彩りを考えるんだね。
撮った?
撮ったよ。
では。
それでは。
いただきます。
いただきます。
ん!
ん!
美味しい!
美味しいね!
おっ、次の料理が。
これも撮ろうか。

『Pinups』'73年リリース。
ジギー・スターダストの仮面を脱いだデヴィッド・ボウイが気分転換に制作したとも言われるアルバム。
ツイギーとのツー・ショットのジャケットが象徴するかのブリティッシュ・ポップのカヴァー・アルバムとなっています。
'60年代には麗しきモッズ少年として有名だったらしいボウイ。その嗜好が素直に反映された選曲で。
フー、キンクス、ヤードバーズ、プリティ・シングス、ゼム、ピンク・フロイド・・・聴き狂っていたビート・ナンバーを。
ジギーの盟友だったスパイダーズ・フロム・マーズのメンバーと共にビシッときめています。
(ドラマーだけはエインズレー・ダンバーに変わっていますが、勿論ミック・ロンソンは参加しています)
ジギー以後も絶えることなく変容を続けたボウイ。それこそがボウイの魅力であるのは確かですが。
故にその素顔を垣間見ることはなかなか出来なくて。R&B好きのモッズなロック小僧だったはずのボウイの。
その大好きなナンバーを嬉々として歌う姿から透けて見える素顔に。ついついこちらも微笑んでしまいます。
「Here Comes The Night」とか「Anyway,Anyhow,Anywhere」なんてもう、凄くカッコ良かったりします。いいなぁ。

写真撮ろうか。
このお寺いいよね。
この庭もいい感じだよね。
こういう梅もあるんだね。
この白、凄く綺麗だよね。
撮った?
撮ったよ。
では。
それでは。
すいません。
お願いできますか?
ありがとうございます。
見てみようか。
いいね!
いいかもね!
あっ、あそこに紅い梅が。
あっちでも撮ろうか。

なかなか機会がなくて。
なんだか恥ずかしくて。
滅多に撮らないツー・ショット。
古都の味を、花を楽しみながら。
久し振りに撮ってもらって。
やっぱり少し恥ずかしくて。
でも。
その写しだされた。
垣間見える。
透けて見える。
想いに。
ついつい微笑んでしまうのです。

偶にはいいかな。
ツー・ショット。

|

« 2009/02/27 Fri *ただのロケンロール / 内田裕也 | トップページ | 2009/03/04 Wed *生がいい・・・ / Mott The Hoople »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44246276

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/03/01 Sun *ツー・ショット / David Bowie:

« 2009/02/27 Fri *ただのロケンロール / 内田裕也 | トップページ | 2009/03/04 Wed *生がいい・・・ / Mott The Hoople »