« 2009/03/31 Tue *やりづらい / Mick Taylor | トップページ | 2009/04/02 Thu *出発進行 / Grand Funk Railroad »

2009/04/01 Wed *4月に・・・ / Ramatam

20090401inaprilcame


4月になったら。
彼女は。
彼は。
自分は。
どうしているだろう。
なにをしているだろう。
どこへ行こうとするのだろう。
なにを求めているのだろう。
時が流れて。季節が巡って。
なにかが動き出す。
なにかが変わり始める。
彼女は。
彼は。
自分は。
どこへ。
なにを。

『In April Came The Dawning Of The Red Sun』'73年リリース。
美形の凄腕ギタリスト、エイプリル・ロートンを擁したラマタムの2ndにしてラスト・アルバム。
前作に参加していたミッチ・ミッチエルとかマイク・ピネラなる所謂大物はバンドを去って。
エイプリルの旧知らしい2人のメンバーとのトリオ編成で再出発を図った・・・急場しのぎだったか。
ラマタムの魅力はなんと言ってもエイプリル、彼女の美貌・・・ではなくそのギターの素晴しさにあって。
その点では激しく鬩ぎあう相手が存在していた1stアルバムにこそその本領が発揮されているかもですが。
エイプリルの演りたかったことは、この曲想もバラエティに富んでいる2ndアルバムにこそあったのかも。
美しいハーモニーを聴かせるナンバーなんかもあって。興味深いのですが焦点は暈けてしまったかな。
やっぱりハードなナンバーでの溢れ出し、うねり、弾けるギターにこそエイプリルの本領があると思います。
このアルバムを最後に表舞台から消えてしまったエイプリルです。時代が違っていたらと。惜しかったなと。

4月になって。
彼女は。
彼は。
自分は。
どうしているだろう。
なにをしているだろう。
目的地に向って歩き始めたかな。
探し物を求めて歩き始めたかな。
時が流れて。季節が巡って。
誰もが動き出す。
誰もが衣を脱ぎ捨てる。
彼女は。
彼は。
自分は。
どこへ。
なにを。

4月に。
胎動の。
変化の。
予兆を風の中に感じながら。
その匂いに包まれながら。

いいことがあるといいね。
いいことがあると・・・いいね。

|

« 2009/03/31 Tue *やりづらい / Mick Taylor | トップページ | 2009/04/02 Thu *出発進行 / Grand Funk Railroad »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44563942

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/04/01 Wed *4月に・・・ / Ramatam:

« 2009/03/31 Tue *やりづらい / Mick Taylor | トップページ | 2009/04/02 Thu *出発進行 / Grand Funk Railroad »