« 2009/04/02 Thu *出発進行 / Grand Funk Railroad | トップページ | 2009/04/06 Mon *二日酔い / The J.Geils Band »

2009/04/03 Fri *こうでなくっちゃ / Vinegar Joe

20090403vinegarjoe


夜空に。
映える。
夜空を。
彩る。
美しく。艶やかで。
そして。妖しく。
密やかな香りも漂ってきそうな。
桜の森の満開の下。
遠くに見える東京タワーも。
遥かに浮かぶ朧月も。
優しく見つめてる。
穏かに楽しんでいる。
この桜色の中。
心安らぎ。心乱れて。

こうでなくっちゃ。

『Vinegar Joe』'72年リリース。
エルキー・ブルックスとロバート・パーマーを擁したヴィネガー・ジョーのデビュー・アルバム。
英国のアイク&ティナ・ターナー、いやデラニー&ボニーとも言われるヴィネガー・ジョー。
ブルックスとパーマー。強力な男女のヴォーカリストを前面に。ソウルフルに。そしてスワンピーに。
ちょっとばかり硬すぎるかなとも感じますが。聴き進めるうちに2人の熱い歌声が胸の内まで沁みてきます。
特に。激情のシャウター、ブルックスの迫力にグイグイと引き込まれてしまいます。
独特の粘り気を持つパーマーもいい味を出していますが。ややブルックスには圧倒されているかな。
バンドの奏でるサウンドも。決して派手ではないものの。しっかりと2人を支えています。
そしてソウルフル、スワンピーな上に。英国らしい湿気も含んだ空気をも感じさせてくれます。
そこがデラニー&ボニーとの違いで。それだからこそ。ブリティッシュ・スワンプの味わいはこうでなくっちゃと。
憧れ、焦がれつつも。自らの色を持ち、味を出しているのです。渋く、地味だけど。いいんですよね。

夜空に。
映える。
夜空を。
彩る。
美しく。艶やかで。
そして。妖しく。
密やかな香りも漂ってきそうな。
桜の森の満開の下。
遠くに見える東京タワーも。
遥かに浮かぶ朧月も。
優しく見つめてる。
穏かに楽しんでいる。
この桜色の中。
心安らぎ。心乱れて。

こうでなくっちゃ。

この桜色の中。
歩き疲れて。
喉も渇いて。お腹も減って。
腰を落着けたら。
冷えたギネスを一杯。
熱々の魚のフライにポテトフライ。
ヴィネガーを掛け回して。
サクッとひとくち頬張って。
絶妙な味わい。

こうでなくっちゃ。

夜桜。
ほろ酔い。
いい気分。

こうでなくっちゃ。

|

« 2009/04/02 Thu *出発進行 / Grand Funk Railroad | トップページ | 2009/04/06 Mon *二日酔い / The J.Geils Band »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44568690

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/04/03 Fri *こうでなくっちゃ / Vinegar Joe:

« 2009/04/02 Thu *出発進行 / Grand Funk Railroad | トップページ | 2009/04/06 Mon *二日酔い / The J.Geils Band »