« 2009/04/15 Wed *共に Delaney & Bonnie | トップページ | 2009/04/18 Sat *二日間 / Marc Benno »

2009/04/16 Thu *捕まえた / Johnny Winter

20090416capturedlive


逃がさない。
少しでも。
微かにでも。
気配。匂い。
すれば。漂えば。
逃がさない。
裾を掴んで。
振り向かせたら。
こっちのもの。

目は。口は。
何を語ってる。
何を欲してる。
流れを読んで。
兆しを捉えて。
腕を掴んで。心を掴んで。
どこまでも。放しはしない。

捕まえた。

『Captured Live!』'76年リリース。
『狂乱のライブ』なる凄まじい邦題がつけられていたジョニー・ウィンターのライブ・アルバム。
当時のジョニーのアルバムの邦題はある意味で素晴しいものが多くて。
1stアルバムの『Johnny Winter』からして『世紀のスーパースター』と名づけられ。
前作の『John Dawson Winter Ⅲ』に至っては『俺は天才ギタリスト!』でした。おいおい。気持は解るが・・・
ジョニーのライブと言えばジョニー・ウィンター・アンド時代の『Live』が有名ですが。
このアルバムもその名盤『Live』に勝るとも劣らぬくらい素晴しく、狂おしく、そして熱く。
A面の炎のロックン・ロール4連発も、B面ののたうち回る長尺な2曲も。いや邦題の如く凄まじくて。
まぁ、「Bony Moronie」「Roll With Me」(邦題「ロックンロールと皮ジャンパー」!)でいきなり火つけられて。
そのまま一気に煽られまくって。「Sweet Papa John」の青白く燃えるブルース・ギターに止めをさされます。
しかし。本当に。なんだって。ロックン・ロール弾かせても、ブルース弾かせても絶品なんでしょう。
一度針を落としたら捕捉されて。もうその魅力・・・魔力から逃れることはできません。
『Live』しか聴いたことの無いって人も。騙されと思ってこのアルバムも聴いて欲しいなと。カッコいいんだから。

逃がさない。
大きな波の。
いいうねりの。
気配。匂い。
飛び乗って。操って。
逃がさない。
先を読んで。
乗りこなしたら。
こっちのもの。

目も。口も。
輝いてる。
期待している。
流れに乗せて。
確信に変えて。
腕を掴んで。心を掴んで。
このまま。放しはしない。

捕まえた。

先は長いが。
放しはしない。
放さないぞぉ(笑)。

|

« 2009/04/15 Wed *共に Delaney & Bonnie | トップページ | 2009/04/18 Sat *二日間 / Marc Benno »

002 American Rock」カテゴリの記事

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44738180

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/04/16 Thu *捕まえた / Johnny Winter:

« 2009/04/15 Wed *共に Delaney & Bonnie | トップページ | 2009/04/18 Sat *二日間 / Marc Benno »