« 2009/05/08 Fri *打てば響く / Eddie Floyd | トップページ | 2009/05/10 Sun *シュッ! / The Beatles »

2009/05/09 Sat *オーティスのレコード聴きながら / Otis Redding

20090509bestofotisredding


一人で。
レコード聴きながら。
見送ろう。
ここで。こうして。
浮かんだり消えたり。
そんな思いをやり過ごしながら。
そんな思いを噛締めながら。
いいよね。
思いは人それぞれだから。
遠く離れて。少し離れて。
ここで。この部屋で。
オーティスのレコード聴きながら。

『Best Of Otis Redding』'67年リリース。
『ソウルの真髄』なる邦題がつけられたオーティス・レディングの本邦デビュー・アルバム。
オリジナルの『Otis Blue』からのナンバーを中心に選曲されたアルバム。
オーティスが大好きだった、憧れだった忌野清志郎。清志郎もこのアルバムを聴いてたのかな。
昔、雑誌で。'70年代になってから日本でもオーティスのオリジナル・アルバムが発売される様になって。
毎月リリースされるそのアルバムを買うのが楽しみだったって言ってたよな。
だから高校生だった清志郎が聴いてたのはこのアルバムじゃないのかななんて。
オーティスは凄いな。沁みるな。なんでこんなに豊で、激しくて、そしてそして切ないんだろう。
なんでこんなに胸に募って、体が熱くなって。そしてそして心の内のどこかをギュッと掴むんだろう。
清志郎も同じ様に感じたのかな、震えたのかな。スゲェ、カッコいいってさ。
清志郎、オーティスはやっぱり凄いよ。こんな日でもちゃんと魂が震えるもの、身の内が熱くなってくるもの。
いつも。いまも。オーティスは俺の内ポケットから聴こえてくる。そして清志郎もね。これからもね。

一人で。
レコード聴きながら。
見送ろう。
ここで。こうして。
浮かんだり消えたり。
そんな思いをやり過ごしながら。
そんな思いを噛締めながら。
いいよね。
思いは人それぞれだから。
遠く離れて。少し離れて。
ここで。この部屋で。
オーティスのレコード聴きながら。

行けなくて。御免。
見届けられなくて。御免。
一緒に歌えなくて。御免。
涙溢れなくて。御免。
でもここで見送ってるから。
そうここで唇噛み締めてるから。
そうここで心の中で呟いてるから。
ありがとう。愛してます。
ここで。この部屋で。
オーティスのレコード聴きながら・・・

|

« 2009/05/08 Fri *打てば響く / Eddie Floyd | トップページ | 2009/05/10 Sun *シュッ! / The Beatles »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

清志郎に教えてもらったソウル歌手はほんと沢山いる。Sweet Soul Musicを唄う前のMCで「尊敬するソウルマン」の名前を連発するから、そのたびに中古レコード屋で彼らのレコードを探し回ったよ。清志郎は歌い方だけじゃなくて歌詞もすごくソウルの影響を受けてると思う。昔、雑誌のインタビューで何度となくオーティスの「煙草とコーヒー」の歌詞を絶賛していたよ。でも清志郎の歌詞と唄には、さるまねになることを拒否する不思議なマジックがあるんだよなぁ〜。

投稿: イトウ | 2009-05-13 12:25

ストーンズのおかげで、そして清志郎のおかげで。
出会えたソウル・シンガーはほんとうに限りなくて。
オーティス・レディング、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴ、ソロモン・バーク・・・
そして元祖「Sweet Soul Music」を歌ったアーサー・コンレイ・・・

清志郎の歌詞の絶妙なダブル・ミーニング、そしてエロティックで切ないところ。
更にはいつもどこかに希望があるところ。そこにソウルやブルースの影響を感じつつ。
それを日本語でリアルに描いてみせてくれた。それがたまらなく好きなんです。

投稿: TAC | 2009-05-13 22:58

こちらはお久しぶりです
現実を見て自分に言い聞かせるべくして青山ROCK'N ROLLSHOWに行ったのに、清志郎にちゃんとさよならとありがとうを言ったつもりなのに、思いきり泣いたはずなのに、生まれ変わったつもりで清志郎に関する新しい夢も見つけたのに、
昨日から全然ダメです
清志郎がいない、清志郎の歌が聞けないこれからの自分をどうしたらいいのかわかりません
こんな私を遺影ポストカードの清志郎が呆れたように笑っています
ネガティブは清志郎が好まないのはわかってるけど
清志郎がいないという現実は私には重過ぎます

…と、こうしてTACさんのところに長々と独り言を言ってリハビリさせてね

投稿: こべに | 2009-05-14 00:31

こべにちゃん。

リハビリ大歓迎だよ。
いつでもおいで。

清志郎が教えてくれたもの、遺してくれたもの。
その素晴しさを少しでも、微力だけど伝えていこう。
そう思っていても。やっぱり・・・重いね。重いから、重いからこそ。
それだけ大切で。それだけ大好きで。だから。
俺達も。俺達なりの“歌”を歌い続けたいなと。そう思ってるんだけどね・・・
いつも。いまも。清志郎の“歌”が必要なんだよなぁ。

投稿: TAC | 2009-05-14 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/44985389

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/05/09 Sat *オーティスのレコード聴きながら / Otis Redding:

« 2009/05/08 Fri *打てば響く / Eddie Floyd | トップページ | 2009/05/10 Sun *シュッ! / The Beatles »