« 2009/05/14 Thu *涙を / Smokey Robinson & The Miracles | トップページ | 2009/05/16 Sat *憶えてる / Laura Nyro »

2009/05/15 Fri *魂焦がして/ Stevie Ray Vaughan & Double Trouble

20090515soultosoul


魂焦がして。

いかに。
策を練ろうと。
準備を整えようと。
術を使おうと。
言葉を尽そうと。
それだけでは。
足りないものがある。
届かないこともある。

いかに。
響かせるか。
動かせるか。
語らせるか。
その気にさせるか。

魂焦がして。

『Soul To Soul』'85年リリース。
キーボード奏者を加えて4人編成となったスティーヴィ・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルの3rdアルバム。
しかし。今更ながら。レイ・ヴォーンのギターはなんていい音で鳴るんだろうと。しみじみと。
冒頭を飾るインスト「Say What」からして。太くて伸びやかなその音に、そのフレーズにもっていかれます。
インストなのですが。アルバム・タイトルが掛け声の様に繰返されて。その意気込みも伝わってきます。
歌ものではスロー・ブルース「Ain't Gone 'N' Give Up Love」ではギターは泣くし、ヴォーカルは気だるいし。
カヴァーの「Come On(PartⅢ)」ではギターは奔放に豪快に暴れまくるし、ヴォーカルも荒っぽくて。
そのどちらもがレイ・ヴォーンの魅力です。そうそう。ギターだけでなくヴォーカルもね、味があっていいなと。
この年の1月には最初で最後となった来日公演もあって。ジャケットのお守りはその時に買ったのかなとか。
実はアルコールとドラッグでボロボロだったらしい当時のレイ・ヴォーン。神にも縋りたい心境だったか。
そんな苦しみもまた人間臭くて。その苦しみまでも描いてみせたまさに魂のブルースがここにあるのかなと。
だから。今でも。この身に。この胸に。突き刺さるんだろうなと思うのです。魂焦がしてるからこそね。

魂焦がして。

いかに。
思い込んでも。
信じようとしても。
演じてみても。
語りかけてみても。
それだけでは。
どうにもならないものがある。
どうしようもならないものがある。

いかに。
響いてくるか。
動きだせるか。
語ることができるか。
その気になるか。

魂焦がして。

じれったい。
もやもやしてる。
何に?誰に?

自分の魂が。
燃えてこない。
まだここにいないんだよな・・・

|

« 2009/05/14 Thu *涙を / Smokey Robinson & The Miracles | トップページ | 2009/05/16 Sat *憶えてる / Laura Nyro »

002 American Rock」カテゴリの記事

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45049642

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/05/15 Fri *魂焦がして/ Stevie Ray Vaughan & Double Trouble:

« 2009/05/14 Thu *涙を / Smokey Robinson & The Miracles | トップページ | 2009/05/16 Sat *憶えてる / Laura Nyro »