« 2009/05/15 Fri *魂焦がして/ Stevie Ray Vaughan & Double Trouble | トップページ | 2009/05/17 Sun *邪魔するんじゃねぇ~よ / Cheap Trick »

2009/05/16 Sat *憶えてる / Laura Nyro

20090516newyorkblood_2


潤んだ瞳。
涙が溢れ出す。
差し出された手を掴む。
絡みつく腕。
吐息。髪の匂い。
重ねられる唇。

濡れた瞳。
微かな微笑み。
解かれる腕。
手を伸ばしても届かない。
後姿。小さな背中。
ぼんやりと消えていく。

やれやれ。

『New York Tendarberry』'69年リリース。
侵し難く。しかしどうしようもなく魅惑的な表情に惹かれてしまうローラ・ニーロの3rdアルバム。
情念と官能。深い静寂と闇。そしてなにより血の匂いを感じてしまって。
決して好んで針を落とすアルバムではないのですが。勿論。ローラの歌声は深く、力強くて。
時に思わぬほどキャッチーな側面を見せるそのメロディーもすきなのですが。
あまりにその思いが。愛したニュー・ヨークへの、そして女性であることへの思いが深く込められていて。
そこにあまりに生々しい、生と性を。隠し様のない、そして実は魅惑的な血の匂いが漂っていて。
どうにも気楽に聴くことが出来ないアルバムだったりします。だから。ローラの歌声を聴きたくなると。
R&Bカヴァー集である『Gonna Take A Miracle』に針を落とすことが多いのですが。ですが。
時々。ふと。血の匂いに。そこに秘められた甘美なものに誘われてしまうことがあるのです。
血の匂いを、その魅惑的なことを。結局は忘れられない、憶えているのでしょうか。やれやれ。

その顔も。
おぼろになってるのに。
その名前も。
何年も忘れていたのに。
絡みつく腕。
吐息。髪の匂い。
重ねられる唇。

その感触。
その匂い。
それだけは。
憶えてる。
鮮明に蘇る。
その頃の日々も。
その頃の思いも。
深い靄の向こうなのに。
それだけは。
憶えてる。

やれやれ。

なにも。
今頃。
平和な昼寝の最中に。
夢にでてこなくてもいいものを。

しかし。
それにしても。
それだけは。
憶えてる・・・んだな(苦笑)。

|

« 2009/05/15 Fri *魂焦がして/ Stevie Ray Vaughan & Double Trouble | トップページ | 2009/05/17 Sun *邪魔するんじゃねぇ~よ / Cheap Trick »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45050010

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/05/16 Sat *憶えてる / Laura Nyro:

« 2009/05/15 Fri *魂焦がして/ Stevie Ray Vaughan & Double Trouble | トップページ | 2009/05/17 Sun *邪魔するんじゃねぇ~よ / Cheap Trick »