« 2009/05/18 Mon *瞬間チャージ!/ The Rolling Stones | トップページ | 2009/05/20 Wed *ブルースのパワー、パワー / Albert King »

2009/05/19 Tue *もしもギターが / The Elvin Bishop Band

20090519rockmysoul


もしもギターが。
弾けたなら。
思いの総てを。
爪弾いて。奏でて。
誰かに。自分に。
聴かせることが。
届けることが。
出来るのにと。

時々。そう時々。
たまさかにではあるけれど。
そんな思いに囚われて。
いてもたってもいられなくなる。
叶わぬ願いだとは知りながら。

『Rock My Soul』'72年リリース。
窓辺に佇み弾くともなしにギターを爪弾くエルヴィン・ビショップの姿が印象的なジャケットで。
きっと、いつも、どんな時も、片時もギターを手放すことなんて無いんだろうな、なんて感じさせる。
そんな永遠のギター小僧、エルヴィンが率いるエルヴィン・ビショップ・バンドの3rdアルバム。
なんと言っても。ポール・バターフィールド・ブルース・バンド出身で。アル・クーパーとのセッションも鮮烈で。
必然的にブルース・ロック、ブルース・ギタリストのイメージが強いエルヴィンです。確かにそうなのですが。
このアルバムのプロデュースはデラニー・ブラムレット。そしてこの時代。すっかり、しっかりスワンプしてます。
(エルヴィンはレオン・ラッセルと同郷、オクラホマはタルサ出身だったりしますし・・・)
いつものブルース・マナーは控えめに。しかし存外に伸びやかに生き生きとギターを奏でるエルヴィンです。
ジョー・ベイカーなる女性シンガーもメンバーで。彼女が歌うナンバーはどうにもデラニー&ボニーになっちゃう・・・
そこらは致しかた無いと言うか、ご愛嬌でしょうか。内ジャケのライブ写真なんてまんまフレンズだし。
兎にも角にも。このジャケットのエルヴィンとギターに漂う親密さが堪らなく好きだったりします。いいなぁ。

もしもギターが。
聴こえたなら。
思いの総てを。
爪弾いて。奏でて。
誰かに。自分に。
聴かせてくれる。
届けてくれる。
あのギターが。
いま聴こえたなら。

時々。そう時々。
たまさかにではあるけれど。
そんな思いに囚われて。
いてもたってもいられなくなる。
叶わぬ願いだとは知りながら。

もしもギターが。
あいつのギターが。
いま聴こえてきたなら。
それだけで。
そう。それだけで。
満たされるのに。癒されるのに。

もしもギターが。

|

« 2009/05/18 Mon *瞬間チャージ!/ The Rolling Stones | トップページ | 2009/05/20 Wed *ブルースのパワー、パワー / Albert King »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

幸運にも少しギター弾けるんだ。と、言っても全然たいしたことないんだけど。考えてみたら、清志郎の曲をちゃんとコピーしたことなかったなぁ〜と思い出して。自分の好きな曲から、少しずつコード進行を探して弾いています。誰に聴かせる訳もなく、自分のためだけに。

投稿: イトウ | 2009-05-29 22:00

イトウさん、UP'nにもギター持ってきてましたよね。

高校の頃、ギター弾けなくてヴォーカルになっちゃったんですけどね(苦笑)。
俺もUP'nのステージで「雨上がり」は何回か歌わせてもらいました。
昔やってたバンドでは「多摩蘭坂」とかもスタジオで演ったなぁ。

投稿: TAC | 2009-05-30 15:05

TACさん歌われるんですね!いつか聴きたいです。

投稿: チカ | 2009-06-01 01:51

いつか、そんな機会があれば(笑)。

今のところ最後に歌ったのもUP'nでの「雨上がり」ですね。
歌詞きちんと覚えてなくて。ボロボロだったなぁ(苦笑)。

投稿: TAC | 2009-06-01 04:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45069110

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/05/19 Tue *もしもギターが / The Elvin Bishop Band:

« 2009/05/18 Mon *瞬間チャージ!/ The Rolling Stones | トップページ | 2009/05/20 Wed *ブルースのパワー、パワー / Albert King »