« 2009/05/27 Wed *街から離れられない / Chris Youlden | トップページ | 2009/05/29 Fri *ともだち / Steve Cropper »

2009/05/28 Thu *雨の物語 / Marvin Gaye

20090528whatsgoingon


窓の外は雨。
雨が降ってる。

雨降って地固まる。
想定外。想定内。
色々起きて。色々あって。
動いてみて。走ってみて。
膝突き合わせて。話し合って。
ようやく。ようやく。
少しだけ見えてきて。
少しだけ聞こえてきて。
少しだけど転がり始めて。

雨の向こうを。
そぼ降る雨の雫の向こうに。
描かれつつある物語。
その行く先に思いを馳せる。

『What's Going On』'71年リリース。
1年ほどの沈黙を破って。初めて自らの意志で、自らの思うが侭に創られたマーヴィン・ゲイのアルバム。
雨に打たれながら何かを見つめる、思いに耽るマーヴィンの表情がとても印象的で、象徴的で。
デュエット・パートナーだったタミー・テレルの死に打ちのめされて。歌えなくなってしまったマーヴィン。
そのマーヴィンが再起し、ベトナム戦争や環境問題などを歌いその精神性が際立つ素晴しいアルバムです。
決して最初からコンセプト・アルバムとして制作されたわけでは無いようですが。
アルバム全体を貫くこととなったその精神性がヴォーカルやサウンドにも表れて。
決して声高ではなく。どちらかと言えば静謐な佇まいの中に強い憤りや深い哀しみを力強く感じさせるのです。
そんなことを抜きにしても。新しい世界へと踏み出したマーヴィンの歌声の艶やかさだけでも十分だったりも。
余談ですが。友人にタイトル曲をカラオケの十八番にしている粋な人がいまして。その彼の歌声に合わせて。
ウワッツ・ゴーイン・オンー♪ってコーラス(合いの手)を入れるのが心地良かったりするんですねぇ(笑)。

窓の外は雨。
雨が降ってる。

雨塊を破らず。
想定外。想定内。
色々起きて。色々あって。
動いた様で。走り出した様で。
何も動かず。足取りも変わらず。
それでも。それだけ。
見えるものもあるだろう。
聞こえるものもあるだろう。
転がるものもあるだろう。

雨の向こうを。
そぼ降る雨の雫の向こうに。
流れていく物語。
その行く先に思いを馳せる。

何が起きてる。
何が起きていない。
何が・・・
雨の物語。

|

« 2009/05/27 Wed *街から離れられない / Chris Youlden | トップページ | 2009/05/29 Fri *ともだち / Steve Cropper »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

TACちゃん、リクエストします。ウィルソン・ピケットのI'm sorry about thatだよ。

投稿: イトウ | 2009-06-03 23:55

マーヴィン・ゲイにウィルソン・ピケットで応えるとは(笑)。さすがイトウさん!

「I7m Sorry About That」、ボビーウォーマックのペンによる不滅のソウル・バラッドですな。
お応えしましょう、近日掲載。こうご期待!

投稿: TAC | 2009-06-04 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/45196392

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/05/28 Thu *雨の物語 / Marvin Gaye:

« 2009/05/27 Wed *街から離れられない / Chris Youlden | トップページ | 2009/05/29 Fri *ともだち / Steve Cropper »